このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレターVol.281 2017年1月27日

目次
1.トピックス
 ○青色申告を始めましょう!~3月15日までに税務署への申請が必要です~

2.お知らせ
 ○「近畿地域食育実践者等の交流会」開催について
 ○1月・2月・3月は花を贈るチャンスがいっぱい!
 ○6次産業化・農商工連携フォーラムin関西の開催について
 ○米粉パン製造技術講習会の開催について

3.消費者の部屋
 ○近畿農政局「消費者の部屋」2~3月展示(植物検疫)のご案内
 ○近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示(野菜たっぷり☆お鍋であったまろ)のご案内(再掲)

4.統計情報
 ○平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果



1.トピックス

青色申告を始めましょう!~3月15日までに税務署への申請が必要です~

  青色申告は、自分の経営を客観的につかむための重要なツールです。青色申告には、税制上のメリットもありますので、早速取り組んでみましょう。
  なお、政府の農林水産業・地域の活力創造本部において、青色申告を行っている農業者を対象とした収入保険制度の導入が決定されました。

<青色申告とは>
  「正規の簿記(複式簿記)」と「簡易な方式」があります。
     ・ 簡易な方式は、白色申告にはない現金出納帳等を整備することが必要です。
  青色申告の主なメリット
     ・ 「正規の簿記」の場合は65万円を、「簡易な方式」の場合は10万円を所得から控除可能です。
     ・ 損失額を翌年以後3年間(法人は9年間)にわたって繰り越して、各年分の所得から控除可能です。
     ・ 帳簿を付けることで、自らの経営状況をつかみやすくなるとともに、金融機関からの信用を得やすいといった経営上のメリットも出てきます。

<青色申告を始めるためには>
  新たに青色申告を始めるためには、個人の場合、平成29年3月15日までに、最寄りの税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。
  この申請を行えば、平成29年分の所得から、青色申告を行うことができます(申告時期は平成30年2~3月) 。

<収入保険制度とは>
  収入保険制度は、品目の枠にとらわれず、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補てんする仕組みです。主な内容は、次のとおりです。
 ・ 青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。
  ※ 5年以上の青色申告実績がある者が基本ですが、新規就農者などでも、青色申告(簡易な方式を含む)の実績が1年分あれば加入できます。
 ・ 当年の収入が基準収入の9割(5年以上の青色申告実績がある場合)を下回った場合に、下回った額の9割(支払率)を補てんします。
 ・ 農業者は、保険料・積立金を支払って加入します。(任意加入)

☆青色申告を始めましょう!
http://www.maff.go.jp/j/keiei/hoken/saigai_hosyo/syu_nosai/attach/pdf/index-11.pdf

☆収入保険制度に関する農業競争力強化プログラムの内容について
http://www.maff.go.jp/j/keiei/hoken/saigai_hosyo/syu_nosai/attach/pdf/index-10.pdf

【お問い合わせ先】
近畿農政局滋賀県拠点(ホットライン)    077-522-4261
      〃      京都府拠点(ホットライン)    075-414-9015
      〃      大阪府拠点(ホットライン)    06-6941-9658
      〃      兵庫県拠点(ホットライン)    078-331-5924
      〃      奈良県拠点(ホットライン)    0742-32-1870
      〃      和歌山県拠点(ホットライン)  073-436-3831


2.お知らせ

「近畿地域食育実践者等の交流会」開催について

  近畿農政局では、地域で食育活動を実践している皆様の活動を支援するため、基調講演や活動事例の発表、参加者同士の交流を図っていただく場として「近畿地域食育実践者等の交流会」を開催します。
  食育に取り組まれている方はもとより、食育に関心をお持ちの方々、皆様のご参加をお待ちしています。

日時:平成29年2月22日 (水曜日)13時15分~16時30分(受付 12時45分~)

場所:コープイン京都
    (京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町411)

内容:
  基調講演
    「歯医者さんに学ぶ“日本人の食生活”」
        講師    豊田  裕章 氏(豊田歯科医院 院長)

  活動事例発表
        山口  力 氏(株式会社 サンプラザ)
        松下  智明 氏
        赤松  佐恵子 氏(JA おうみ冨士)

  パネル展示等による活動紹介及び参加者間の交流

定員:130名程度
    (定員になり次第締め切らせていただきます。)

参加費:無料

申込方法:
  下記アドレスの添付資料「近畿地域食育実践者等交流会」の参加申込書に必要事項を記入の上、平成29年2月20日(月曜日)までに郵送またはFAXで経営・事業支援部地域食品課にお申し込みください。

お問い合わせ先
経営・事業支援部 地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/170127.html


1月・2月・3月は花を贈るチャンスがいっぱい!

  全国の花き業界関係者で組織されている一般社団法人 花の国日本協議会では、農林水産省の後援により、花きの新たな需要拡大を目指して、男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう新しいバレンタインデーの在り方として「フラワーバレンタイン」を推進しています。
  1月31日の「愛妻の日」、2月14日の「バレンタインデー」、3月14日の「ホワイトデー」を「3 LOVE STORIES」と称し、花贈りの大きなチャンスとして花贈りを応援しています。
  来週1月31日火曜日は「愛妻の日」です。この機会に、日頃の感謝を込めて大切なパートナーに、日頃伝えられない思いや感謝の気持ちを「花」に込めて、贈ってみてはいかがでしょうか。

詳細は下記ホームページをご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/engeitokusan/hana/flowervalentine.html


6次産業化・農商工連携フォーラムin関西の開催について

  6次産業化や農商工連携の取組は、農山漁村において、新たな所得や雇用を創出し、地域の活性化につながる重要な取組です。
  このため、これらの取組に対して、農林水産省と経済産業省は協力し、農林漁業者や中小企業者の取組を支援してきたところです。
  この度、6次産業化や農商工連携の更なる取組の推進を図るため、近畿農政局と近畿経済産業局との共催により、「6次産業化・農商工連携フォーラムin関西」を開催します。

日時:平成29年2月28日(火曜日)13時30分~16時30分
    (受付開始時間  13時)

場所:OMMビル2階会議室(201~204号室)
     (大阪市中央区大手前1-7-31)

対象者:農林漁業者とその団体、製造・加工業者、流通・販売事業者、その他6次産業化・農商工連携に関心のある事業者や団体等、地方公共団体、 関係支援機関、金融機関等

定員:150名  参加費無料

申込方法:
  下記アドレスの「開催案内チラシ(参加申込書)」に必要事項を記入の上、平成29年2月20日(月曜日)までにFAX(06-6966-6078)で近畿経済産業局産業振興室農商工担当にお申し込みいただくか、申込フォームでお申し込みください。

お問い合わせ先
近畿農政局経営・事業支援部地域連携課  電話  075-414-9101

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/zigyo/170118.html


米粉パン製造技術講習会の開催について

  水田を有効活用し食料自給率の向上を図るため、近畿農政局では近畿米粉食品普及推進協議会と連携し、米粉利用の推進に取り組んでいます。
  このたび、近畿米粉食品普及推進協議会及び(公社)米穀安定供給確保支援機構の主催、近畿農政局の後援により、米粉パンやケーキの製造・販売店と取扱メニューの増加を図ることを目的とし「米粉パン製造技術講習会」を開催します。

【大阪会場】
    平成29年3月8日(水曜日)11時~16時
    カネカ食品株式会社西日本支社(大阪府摂津市鳥飼西5-1-8)

【滋賀会場】
    平成29年3月9日(木曜日)11時~16時
    戸倉商事株式会社栗東工場研修所(滋賀県栗東市東坂53-16)

【京都会場】
    平成29年3月10日(金曜日)11時~16時
    株式会社木下商店(京都府京都市南区東九条西明田町49番地)

内容:新しいレシピ提案による米粉パン・スイーツ等の調理実習
        米粉パン等の特徴と作り方の講話
        意見交換

定員:大阪会場 36名   滋賀会場 30名   京都会場 36名
     (各会場とも定員になり次第締め切らせていただきます。)

参加費:2,000円(材料費込み)

申込方法:
  下記アドレスの添付資料「28年度米粉パン講習会チラシ(参加申込書)」に必要事項を記入の上、平成29年2月15日(水曜日)までに近畿米粉食品普及推進協議会(FAX 078-411-5418 E-mail:e-riceflour@skskobe.com)にお申し込みください。

お問い合わせ先
生産部生産振興課  電話  075-414-9021

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/sinko/170116.html


3.消費者の部屋

近畿農政局「消費者の部屋」2~3月展示(植物検疫)のご案内

  植物防疫所は、海外からの病害虫の侵入を防ぐため、全国の港や空港で輸入検疫を行っているほか、日本の一部地域に発生している病害虫のまん延を防ぐための国内検疫、諸外国の要求に応じた輸出検疫などの業務を行い、日本の「農業」と「緑」を守るために力を注いでいます。
  植物防疫所の役割、植物を海外から持ち帰るときに気をつけることや、沖縄・奄美・小笠原などの地域から持ち出せない植物があることを紹介します。

テーマ:植物検疫ってなあに  ~「農業」と「緑」を守るために~

場所・期間
  近畿農政局1階消費者の部屋 「特別展示コーナー」
      (京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町)
    平成29年2月1日(水曜日)~2月28日(火曜日) 8時30分~17時
      (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

  北区役所本庁舎2階 「北区民交流スペース」
      (京都市北区紫野東御所田町33-1)
    平成29年3月1日(水曜日)~3月15日(水曜日) 8時30分~17時
      (土・日を除きます。初日は10時から、最終日は正午までとなります。)

内容:パネルとパンフレットの展示
      ・植物検疫の役割について
      ・輸入禁止品について
      ・国内移動規制植物について

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/170118.html


近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示(野菜たっぷり☆お鍋であったまろ)のご案内(再掲)

  風の冷たさが身にしみる季節の到来。
  家族や仲間であったかいお鍋を囲みませんか?
  今年のお鍋の主役は野菜たち!カラフルな野菜をたっぷり使って、体も心も温まるオリジナル鍋を作りましょう!!
  展示会場では「野菜使いきり!鍋レシピ」を配布します。
  ぜひ、お越しください。

テーマ:野菜たっぷり☆お鍋であったまろ

日時:平成29年1月27日(金曜日)~2月9日(木曜日)  8時30分~17時
     (土・日を除きます。初日は10時から、最終日は正午までとなります。)

場所:左京区役所1F「区民ロビー」
    (京都市左京区松ヶ崎堂ノ上町7番地の2)

内容:パネル展示とパンフレットの配布
      ・暖房ほどほどお鍋でほかほか
      ・鍋料理は野菜がたっぷり
      ・野菜使いきり!鍋レシピ

お問い合わせ先
消費・安全部消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/170113.html


4.統計情報

平成28年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

前回配信以降公表されたもの

  • ・平成28年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)
  • ・平成28年産飼肥料作物の作付(栽培)面積(全国)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2016.html


∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

  寒い日が続いていますね。こんな日は温かいお鍋に限りますね。白菜、大
根、にんじんなど、野菜たっぷりのお鍋はいかがでしょうか。
  2月9日まで左京区役所1階「区民ロビー」で、近畿農政局「消費者の部屋」
1~2月展示(野菜たっぷり☆お鍋であったまろ)を開催しています。

  鍋ほか推進プロジェクト (フード・アクション・ニッポンホームページ)
   ⇒ http://tabeyo-kokusan.jp/season/winter

 

 


☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060


お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader