このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.287 2017年4月28日

目次
1.農政の動き

平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年3月)
「食品ロスの削減につながる容器包装の高機能化事例集」の公表について

2.お知らせ

「29年度飼料用米多収日本一」コンテストについて
食品リサイクル法に基づく定期報告等に関する説明会について
「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰」受賞者の取組内容のご紹介
消費税軽減税率制度関係のお知らせ

3.消費者の部屋

近畿農政局「消費者の部屋」5月展示(食品トレーサビリティ)のご案内

4.統計情報

平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

 


1.農政の動き

◯平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年3月)

   平成30年産からの米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年 3月から米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っています。
   今回、平成29年3月の相対取引価格・数量について、米の出荷販売業者、団体等から報告のあった内容を取りまとめましたので公表します。
  
==お問い合わせ先==
農林水産省政策統括官付農産企画課

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/170411.html


◯「食品ロスの削減につながる容器包装の高機能化事例集」の公表について

   農林水産省では、食品ロスの削減につながる容器包装の高機能化に関する事例を集め、ホームページに公表しました。
   本事例集では、食品ロスの削減につながる容器包装の事例を、食品製造事業者と食品容器製造事業者から幅広く収集し、

鮮度保持
賞味期限の延長
小分け・個包装
内容物の分離性向上
輸送時の損傷軽減
その他

  以上のように区分して紹介しております。

  なお、掲載事例については今後も随時、追加・更新を予定しております。

==お問い合わせ先==
農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
  
詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/170411.html

2.お知らせ

◯「29年度飼料用米多収日本一」コンテストについて

   飼料用米生産農家の生産技術の向上を目指し、多収を実現している先進的で他の模範となる経営体を表彰し、その成果を広く紹介する「飼料用米多収日本一」を(一社)日本飼料用米振興協会と農林水産省の共催で開催します。

  ◇応募期間:平成29年5月上旬~平成29年6月30日(金曜日)まで。
 
  ◇参加資格、申込み方法はホームページでご確認ください。

==お問い合わせ先==
生産部生産振興課 電話  075-414-9020

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/sinko/201605.html

 
◯食品リサイクル法に基づく定期報告等に関する説明会について

   食品廃棄物等の発生量が年間 100トン以上の食品関連事業者は、食品リサイクル法に基づき、食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等の状況を定期的に報告することが義務づけられています。説明会では定期報告書の作成及び、提出方法等をご説明します。

  ◇日時:平成29年5月19日(金曜日)
          第1回目10時00分~12時00分(受付開始9時30分)
          第2回目14時00分~16時00分(受付開始13時30分)

  ◇場所:大阪合同庁舎第1号館第1別館2F 共用大会議室
             (大阪市中央区大手前1-5-44)

  ◇内容(予定)
        ・食品リサクイル法の概要について
        ・定期報告書の記載方法について

  ◇対象者:近畿管内の食品関連事業者等

   参加希望の方は、 5月10日(水曜日)までに、ホームページから申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、FAXにてお申し込みください。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部食品企業課  電話:075-414-9024

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/syokuhinkigyo/syokuhin_recycle/teikisetumei.html

◯「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰」受賞者の取組内容のご紹介

   「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰」において受賞された、農林水産物・食品の輸出に取り組まれている優良事業者の取組内容(事例)をご紹介しています。
   近畿管内からは、受賞された福島鰹株式会社、株式会社なにわ花いちば、株式会社神明の3事業者の事例が掲載されています。


==お問い合わせ先==
農林水産省食料産業局輸出促進課  電話:03-3502-3408

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/torikumi_zirei/170427.html


◯消費税軽減税率制度関係のお知らせ

   平成31年10月1日の消費税率10%の引き上げに合わせて、飲食料品(酒、外食を除く)に対して軽減税率( 8%)が適用されます。事業者の方々は税率毎の「区分経理」や請求書等が「区分記載請求書等」に変更されるなど日々の業務が変わります。
   また、業種によっては、複数の税率に対応した受発注システムへの改修やレジへの更新などが必要となります。
   政府では、事業者の方々の軽減税率対応に向けた取り組みをサポートするため、様々な施策を講じております。
   詳しくは以下のホームページをご覧ください。

   ・軽減税率制度に関すること・・・国税庁HP  http://www.nta.go.jp〔外部リンク〕

   ・中小事業者等への支援・・・「軽減税率対策補助金事務局」 http://Kzt-hojo.jp〔外部リンク〕
                                     (専用ダイヤル0570-081-222)

3.消費者の部屋

◯近畿農政局「消費者の部屋」5月展示(食品トレーサビリティ)のご案内

   近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
   今回の「消費者の部屋」特別展示は、『食品トレーサビリティ』をテーマに、パネルとパンフレットの展示によりご紹介します。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

  ◇テーマ:食品トレーサビリティに取り組みましょう!

  ◇日時:平成29年5月9日(火曜日)~5月24日(水曜日)8時30分~17時
         (土・日を除きます。初日は13時から、
                             最終日は正午までとなります。)

  ◇場所: 近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
          (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

  ◇内容:パネルとパンフレットの展示
    ・食品トレーサビリティの仕組みについて
    ・食品トレーサビリティの普及促進方策について
    ・食品事業者の取組状況及び導入事例について
 
==お問い合わせ先==
消費・安全部消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/170411.html

4.統計情報

◯平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

前回配信以降公表されたもの

  • 平成28年木材統計(全国)
  • 平成28年産指定野菜(春野菜、夏秋野菜等)の作付面積、収穫量及び出荷量  併載:平成28年産きゅうり、なす、トマト及びピーマンの年間計(全国)
  • 管内主産県の平成28年産春レタス(兵庫県)、夏秋なす(京都府)、たまねぎ(兵庫県)及びししとう(和歌山県)の作付面積、収穫量及び出荷量
  • 平成28年漁業・養殖業生産統計(全国)
  • 青果物卸売市場調査(平成28年年間計及び月別結果)(全国)
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2017.html

 

 ◆「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています◆

「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/nougyo_kyouka2017/index.html〔外部リンク〕

==================================
∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

  新年度が始まって、一ヶ月が経とうとしています、そろそろ疲れが溜まってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。明日からの大型連休で心身共にリフレッシュしましょう。
一方、田植え等の準備で忙しく過ごされる方もいらっしゃると思います。
 5月は農作業時におけるケガや事故が一年の内で最も多く発生しています、農業機械を操作する場合は十分にお気を付けください。また、こまめに水分補給をするなど、熱中症対策も忘れずにお願いします。
私は、友人宅の裏山へタケノコ掘りに行ってきます。日頃の運動不足解消にツルハシを振り下ろしてきます、終わった後は、しっかりと水分補給をしたいと思います。
 



☆配信停止、メールアドレス等変更には
御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。
☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html
☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。
編集・発行:近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060


 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader