このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.304 2018年 1月12日

目次

1.農政の動き
〇平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成29年11月末現在)

2.お知らせ
      <各種表彰>
          〇平成29年度地産地消等優良活動表彰及び地産地消給食等メニューコンテストの近畿農政局長賞の受賞者について

        
      <募集・案内>
〇農業の「働き方改革」アイデア募集!について
〇近畿ブロック農福連携シンポジウム「はじめる つづける 農福連携」の開催について
〇「平成29年度第4回「食育シンポジウム」の開催について
〇『平成29年度近畿ブロック加工・業務用野菜セミナー ~加工・業務用需要に応えるために~』の開催について
〇知財のミカタ ~巡回特許庁 in KANSAI~(和歌山)「農林水産の地域ブランドプロモーションセミナー」開催のお知らせ
〇平成30年度関西食の輸出促進施策合同説明会開催のお知らせ
〇関西広域連合食品輸出セミナー開催のお知らせ(再掲)
〇農林水産技術会議事務局研究資金(平成30年度予算及び平成29年度補正予算)に係る事業・公募説明会の開催について
〇規格認証の活用に関する研修会及び説明会の開催について

  <フォトレポート>
〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋
〇近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(地理的表示(GI)保護制度)のご案内
〇近畿農政局「消費者の部屋」1~2月展示(フラワーバレンタイン)のご案内

4.統計情報
〇2015年農林業センサスミニ分析
平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

 


1.農政の動き

  〇平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成29年11月末現在)

 ◇契約・販売状況
        平成29年11月末現在の全国の集荷数量は235万トン、契約数量は180万トン、販売数量は47万トンとなっています。

 ◇民間在庫の推移
        平成29年11月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で317万トンとなっています。

 ◇事前契約数量
        全国の事前契約数量は138万トンとなっています。
        産地や銘柄別の契約・販売状況、民間在庫及び事前契約数量については、農林水産省ホームページをご覧下さい。

 詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
 http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/171226.html

 

2.お知らせ

<各種表彰>

〇平成29年度地産地消等優良活動表彰及び地産地消給食等メニューコンテストの近畿農政局長賞の受賞者について

  農林水産省では、全国各地でそれぞれの立地条件を活かした、創意工夫ある様々な地産地消の取組及び国産農林水産物・食品の消費拡大を推進する取組を募集し、その成果や持続性、地域への寄与等について優れた取組を表彰しています。
  また、学校給食、社員食堂、外食・弁当等において、地場農林水産物 ・食品を利用しているメニューを募集し、その成果や持続性、地域への寄与等について優れたものを表彰しています。
  平成29年度の近畿管内において、地産地消活動を行う優良な活動団体等や優れたメニュー・取組に対して表彰するものです。審査の結果、下記8団体等が「近畿農政局長賞」に選ばれました。

地産地消等優良活動表彰
府県
市町村名 活動団体名称
滋賀県 守山市   株式会社比叡ゆば本舗ゆば八
京都府 京都市   クロスケの大原野元気畑
大阪府 吹田市   御菓子司 津村屋
奈良県 奈良市   農家のくらし「ほくわ」
   
地産地消給食等メニューコンテスト
府県
市町村名 活動団体名称
兵庫県 相生市   相生市学校給食会
兵庫県 加古郡稲美町   稲美町学校給食運営委員会
奈良県 大和郡山市   大和郡山市学校給食事務所
和歌山県 橋本市   和歌山県立きのかわ支援学校

  

 ==お問い合わせ先==
 経営・事業支援部地域食品課  電話  075-414-9025

 詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/171227.html


<募集・案内>

〇農業の「働き方改革」アイデア募集!について

  農林水産省では、農業を職業とする方々にとって、魅力のある職場環境づくりが進むよう、農業経営者や有識者等からなる農業の「働き方改革」検討会を開催しています。
  検討に当たり、会議だけでなく、農業者をはじめとして広く皆様からアイデアを募集します。
  優れたアイデアは、農業の「働き方」検討会で御紹介させていただきます。
  検討結果は、2018年3月までにとりまとめる予定です。

 ◇応募期間:平成30年2月28日(水曜日)まで

 ◇応募方法:アイデアの応募方法については、以下のURLからアイデアの御提案をお願いします。
    https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/keiei/fukyu/system/work.html


 ==お問い合わせ先==
 経営・事業支援部経営支援課  電話  075-414-9055

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/keiei/hatarakikata/291227.html

 ※農業の「働き方改革」検討会の概要や、会議資料はこちらから御覧ください。
    http://www.maff.go.jp/j/study/work/index.html


〇近畿ブロック農福連携シンポジウム「はじめる つづける 農福連携」の開催について

  「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)において、農福連携の推進が位置づけられるなど、障がい者の就労訓練や雇用の場として農業分野に注目が集まっています。
  これを受けて、近畿地域において農福連携の取組が、今後より一層、自主的・自立的に展開され、普及啓発、人材育成及び地域活性化の推進等に資することを目的に農福連携シンポジウムを開催します。

 ◇日時:平成30年1月24日(水曜日)13時30分~17時30分

 ◇場所:キャンパスプラザ京都  4階第3講義室
          (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

 ◇内容:

1.基調講演
            「農福連携の情勢と全国動向~事業・経営のあり方について~」
              全国農福連携推進協議会会長(JA共済総合研究所主任研究員)  濱田 健司  氏

2.施策等の紹介
             農林水産省、厚生労働省、京都府

3.パネルディスカッション
             「経営の持続には何が大切なのか?~実践報告から~」

 ◇参集範囲(120名程度)
          ・これから農福連携の取り組みを考えている方
          ・すでに農福連携に取り組んでいる方
          ・国及び地方自治体の農業・福祉関係担当者等

 ◇申込締切・申込方法
           平成30年 1月15日(月曜日)までに、近畿農政局ホームページからメールにて申し込みください。

 ==お問い合わせ先==
 農村振興部農村計画課  電話  075-414-9051

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/nousonshinkou/171222.html

 

〇「平成29年度第4回「食育シンポジウム」の開催について

  地域の多様な生活・文化を背景に安心で豊かな食生活を営めるよう、「食育シンポジウム」を開催します。
  今回は、食料自給率の向上や地産地消推進の機運を高め国産農林水産物・食品の消費拡大を図るため、「地産地消」をテーマに実施します。
  また、平成29年度地産地消等優良活動表彰及び地産地消給食等メニューコンテスト(近畿農政局長賞)の表彰式、基調講演、事例発表を実施します。

 ◇日時:平成30年2月8日(木曜日) 13時30分~16時30分 (受付:13時~)

 ◇場所:京都ガーデンパレス 2階「鞍馬」
          (京都市上京区烏丸通長者町上ル龍前町605)

 ◇内容等:

1.平成29年度地産地消等優良活動表彰及び地産地消給食等メニューコンテスト表彰式

2.基調講演
       「地産地消と農家所得倍増論」
        東京農業大学  名誉教授  小泉 武夫  氏

3.事例発表(近畿農政局長賞受賞団体等)
     ・ 地産地消等優良活動表彰
          株式会社比叡ゆば本舗ゆば八(滋賀県)
          クロスケの大原野元気畑(京都府)
          御菓子司津村屋(大阪府)
          農家のくらし「ほくわ」(奈良県)

    ・地産地消給食等メニューコンテスト
          相生市学校給食会(兵庫県)
          稲美町学校給食運営委員会(兵庫県)
          大和郡山市学校給食事務所(奈良県)
          和歌山県立きのかわ支援学校(和歌山県)

4.講評
      コメンテーター : 京都府立大学生命環境科学研究科 講師  中村 貴子  氏

 ◇募集人数:100名(要事前申込)
                  ※募集人数になり次第締切とさせていただきます。

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法:
     インターネットからお申し込みいただくか、参加申込書に必要事項をご記入の上、 FAX又は郵送にてお申し込み下さい。

 ==お問い合わせ先==
 経営・事業支援部地域食品課  電話  075-414-9025

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/180109.html

 

〇『平成29年度近畿ブロック加工・業務用野菜セミナー~加工・業務用需要に応えるために~』の開催について

  近年、ライフスタイルの変化による外食や中食の増加に伴い、サラダ、カット野菜や加工品原料としての国産野菜の需要が増加しており、この需要への対応強化が求められている状況です。
  そこで、野菜関係の事業説明や生産者及び実需者の取組事例の紹介等を通じて、関係者の理解を深め、相互に情報交換を行うことを目的としたセミナーを開催することとしました。
  生産者の皆さまはもちろん、外食産業や流通・加工等実需者の方々も、ぜひご参加下さい。

 ◇日時:平成30年2月8日(木曜日)13時00分~17時00分

 ◇場所:TKP京都駅前カンファレンスセンター
            (京都府京都市下京区真苧屋町195福井ビル 3F)

 ◇内容:

1.情報提供
   ・「主要野菜の加工・業務用需要の動向と国内の対応方向について」
                農林水産政策研究所
                上席主任研究官(食料・環境領域) 小林 茂典氏

    ・平成30年度「新しい園芸産地づくり支援事業」等について
                近畿農政局生産部園芸特産課担当官

2.事例発表
    ・「水田を利用した九条ねぎ栽培へのチャレンジ」
                株式会社あぐり翔之屋 代表取締役 森上 翔太氏

    ・「加工業務用野菜の取組み」
                JAとぴあ浜松 営農販売部 特販課長 村越 英雄氏

    ・「加工業務用野菜産地への要望」
                株式会社ハンシンデリカ 綾部工場
                取締役工場長 伊藤 正幸氏

3.パネルディスカッション 
       テーマ:「加工・業務用需要に応えるために」       

4.名刺交換会

 ◇定員:80名(参加者は先着順に決定します。参加申込人数が募集定員数に達した場合、受付を締め切らせていただきます。)

 ◇参集範囲:生産者団体、生産者、流通業者、加工業者、種苗会社、行政等

 ◇申込方法:近畿農政局ホームページの参加申込書に必要事項を記入の上、平成30年1月31日(水曜日)までにFAX又はメールでお申し込みください。

 ==お問い合わせ先==
 生産部園芸特産課  電話  075-414-9023     FAX  075-451-5337

 詳しくはこちら
  http://www.maff.go.jp/kinki/press/tokusan/180110.html

 

知財のミカタ  ~巡回特許庁in KANSAI~(和歌山)「農林水産の地域ブランドプロモーションセミナー」開催のお知らせ

  知的財産活用の事例やポイントを発信する巡回特許庁において、「農林水産の地域ブランドプロモーションセミナー」が開催されます。
  セミナーの中では、地理的表示(GI)保護制度の講演やGI登録産品の「万願寺甘とう」、地域団体商標登録産品の「有田みかん」の登録生産者団体の方がパネリストとして参加するパネルディスカッションが行われる他、300社1,000アイテム以上の商品企画開発実績のあるスターフードジャパン(株)の新古祐子氏から農林水産品のプロモーション方法について解説していただきます。
  地理的表示保護制度や地域団体商標制度の活用方法について知りたい、地域ブランド戦略について話を聞きたいという方は是非ご参加ください。

 ◇日時:平成30年2月5日(月曜日)13時30分~17時00分

 ◇場所:ホテルアバローム紀の国  2階 鳳凰の間
          (和歌山市湊通丁北2-1-2)

 ◇定員:100名

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法:インターネットからお申し込みいただくか、電話・メール・FAXにてお申し込み下さい。

 ◇主催:特許庁、近畿経済産業局

 ◇共催:農林水産省、(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)

 ==お問い合わせ先==
 平成29年度巡回特許庁運営事務局
    (一社)発明推進協会  調査支援チーム  電話  03-3502-5441

 詳しくはこちら
 http://www.junkai-jpo2017.go.jp/wakayama_kobe/

 

〇平成30年度関西食の輸出促進施策合同説明会開催のお知らせ

  近畿農政局と近畿経済産業局では、近畿地方における食の輸出拡大を目的として、以下のとおり、政府や自治体が実施を予定している平成30年度輸出促進施策を説明するとともに、関係機関の取組の紹介や事業者との個別相談を行う食の輸出促進施策合同説明会を開催します。
  輸出促進事業に御関心をお持ちの方は、是非御参加ください。

 ◇日時:平成30年1月31日(水曜日)14時00分~17時10分 (受付:13時30分から)

 ◇場所:近畿農政局  第1会議室
           (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

 ◇内容

1.平成30年度輸出促進施策等の説明
    (1)近畿農政局、近畿経済産業局、近畿運輸局、近畿地方整備局、大阪国税局等
    (2)近畿管内自治体

2.関係機関の取組説明
       日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、中小企業基盤整備機構近畿本部、(株)日本貿易保険等

3.個別相談会

 ◇定員:50名程度(先着順)

 ◇参加費:無料

 ◇申込締切・申込方法:平成30年 1月26日(金曜日)までに、近畿農政局ホームページの申込フォームからお申し込みください。


 ==お問い合わせ先==
 経営・事業支援部地域連携課  電話  075-414-9101

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/yusyutu/sisaku_setumei.html

 

〇関西広域連合食品輸出セミナーの開催のお知らせ(再掲)

  関西広域連合では、輸出に向けての機運の醸成を図るとともに、様々な情報を提供するため、以下のとおり事業者向け食品輸出セミナーを開催します。
  これから輸出に取り組もうとしている事業者の方はもとより、既に輸出している方にも役立つ内容ですので、是非御参加ください。

 ◇日時:平成30年1月26日(金曜日)13時30分~16時30分

 ◇場所:TKPガーデンシティPREMIUM心斎橋
           ヒューリック心斎橋ビル3階(旧:御堂筋MID ビル) バンケット3A(北) 
           (大阪市中央区南船場4-3-2)

 ◇内容

講演 1:「海外マーケティング拠点事業(インストアショップ)を通じた米国及びUAE食品市場」
            JTB西日本 法人営業大阪支店 営業6課
            営業担当課長  橋本  篤  氏(米国)
            チームリーダー  颯田  康一  氏(UAE)


講演 2:「香港市場に見る日本食の可能性」
           国分グループ本社株式会社
           貿易事業部長兼営業課長  媚山  活也  氏

講演 3:「平成30年度国の予算・支援施策等」
           近畿農政局  経営・事業支援部地域連携課
           輸出証明支援係長  太田  文隆

 ◇定員:200名程度

 ◇参加費:無料

 ◇申込期限:平成30年1月16日(火曜日)

 ◇申込方法:参加申込書に必要事項を記入の上、FAX 又はメールにてお申し込みください

 ◇主催:関西広域連合

 ==お問い合わせ先==
 関西広域連合農林水産部販売促進課
  (事務局:和歌山県食品流通課) 担当:井汲、小路、北廣 
 電話:073-441-2813

 詳しくはこちら
 http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=3015

 

農林水産技術会議事務局研究資金(平成30年度予算及び平成29年度補正予算)に係る事業・公募説明会の開催について

  農林水産研究や産学官連携研究の推進を支援するため、農林水産省の競争的資金制度等を紹介する「農林水産技術会議事務局研究資金(平成30年度予算及び平成29年度補正予算)に係る事業・公募説明会」を開催します。

 ◇日時:平成30年1月18日(木曜日)13時00分~17時00分

 ◇場所:キャンパスプラザ京都第1講義室(5階)
           (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)

 ◇内容(予定)

(1)農林水産技術会議事務局の競争的資金等について
      ・イノベーション創出研究強化推進事業の概要について
      ・生産性革命に向けた革新的技術開発事業の概要について
      ・革新的技術・緊急展開事業(うち経営体プロジェクト新規採択分)の概要について
      ・戦略的プロジェクト研究推進事業の概要について
(2)質疑応答等
(3)個別相談

 ◇参集範囲(250名程度)
         府県、大学、民間企業、独立行政法人等の試験研究や産学官連携等に携わる方

 ◇申込方法:メールまたはFAXにてお申し込み下さい。


 ==お問い合わせ先==
 生産部生産技術環境課  電話  075-451-5337

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kihon/siken/30kyousousikin.html

 

〇規格認証の活用に関する研修会及び説明会の開催について

  株式会社三菱総合研究所では農林水産省委託事業  平成29年度「新たな種類の JAS規格調査」の一環で、以下のとおり、規格認証の活用に関する研修会、説明会(いずれも無料)を1月、2月に予定しております。
  つきましては、もし、規格認証の活用にご関心をお持ちでしたら、以下の研修会、説明会にぜひ、ご参加をご検討いただけますよう、お願いいたします。
  また、お知り合いでご関心のありそうな方がいらっしゃれば、あわせて、ご案内をお願いいたします。詳細は以下のとおりです。

 ◇研修会

国際規格化に必要な国際会議等で通用する専門人材育成研修~農林水産省委託事業 平成29年度「新たな種類のJAS規格調査」~

  規格策定の基本の実務や、規格策定の経験談等を学んでいただく、規格策定に携わられている方、規格策定をご検討されている方向けの研修です。
  国内で規格を取りまとめるところから、国際規格として提案していくところまで基本的な内容を学んでいただけます。
  また、国内外で先行的に規格策定に携わられている皆さまを講師に招き、ご経験談やノウハウも話していただきます。
  なお、研修は各日午前・午後を選んでお申し込みいただけますが、定員を超過した場合、3日間連続で出席できる方を優先いたします。

1.平成30年1月31日(水曜日)~2月 2日(金曜日)
2.平成30年2月14日(水曜日)~2月16日(金曜日)

詳細な内容の確認、お申し込みは以下のページからお願いいたします。
http://www.mri.co.jp/news/seminar/ippan/023430.html

 ◇説明会

規格認証と企業戦略に関する説明会農林水産省委託事業 平成29年度「新たな種類のJAS規格調査」~

  規格策定にご関心のある一般の方向けの説明会です。
  規格策定と企業戦略の関係について基本的な考え方をご説明します。

東京会場

平成30年2月19日(月曜日)  14時30分~16時30分
株式会社三菱総合研究所  4階  大会議室
 (東京都千代田区永田町二丁目10番3号  東急キャピトルタワー内  受付:地下1階)

大阪会場

平成30年2月26日(月曜日)  13時30分~15時30分
グランフロント大阪タワーB  10階  ナレッジキャピタル B05、B06会議室
 (大阪市北区大深町3-1)

詳細な内容の確認、お申し込みは以下のページからお願いいたします。
http://www.mri.co.jp/news/seminar/ippan/023429.html

 

<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

 3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」1月展示(地理的表示(GI)保護制度)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『地理的表示(GI)保護制度』 をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:地理的表示(GI)保護制度

 ◇期間:平成30年1月9日(火曜日)~1月23日(火曜日) 8時30分~17時
            (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
           (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

 ◇内容:地理的表示(GI)保護制度の仕組み、登録産品の紹介について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

 ==お問い合わせ先==
 消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/171226.html

 

〇「消費者の部屋」1~2月展示(フラワーバレンタイン)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『フラワーバレンタイン~2月14日は世界で一番花を贈る日~』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:フラワーバレンタイン
             ~2月14日は世界で一番花を贈る日~

 ◇期間:平成30年1月24日(水曜日)~2月15日(木曜日) 8時30分~17時
            (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
          (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

 ◇内容:フラワーバレンタインの取組、花の贈り方、花に関する情報について、パネル等の展示により、ご紹介します。

 ==お問い合わせ先==
 消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180110.html

  

4.統計情報

〇2015年農林業センサスミニ分析

  「2015年農林業センサスミニ分析」は、農林業センサス結果を用いて近畿農業の変化や特徴をグラフ化し、わかりやすく解説を加えたものです。
  新たに「近畿における農業生産関連事業(売上金額編)」を掲載しました。

 詳しくはこちら
 http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/2015census/mini.html

〇平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 平成28年農業総産出額及び生産農業所得(全国)
  • 平成28年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)
  • 平成29年産水稲市町村別収穫量(近畿)
  • 平成28年農業産出額及び生産農業所得(近畿)農業経営統計調査

      詳しくはこちら
      http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2017.html

 

 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

  新年明けましておめでとうございます。
  新年が始まって、1月も 1/3が過ぎました。毎年の事ながら1月から3月ま
では、あっという間に過ぎていく気がします。大事なことをやり残さないよ
う気を付けたいと思います。
  本年も、「近畿アグリレター」は、皆様へタイムリーな情報をわかりやす
くお届けしていきますので、今後ともご愛読いただきますよう、よろしくお
願いいたします。


☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060