このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.309 2018年 3月23日

目次

1.農政の動き
〇「農林水産業・地域の活力創造プラン」の説明動画を公開しました。
〇農業分野における知的財産に関する普及・啓発パンフレットを作成しました。
〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年2月)

2.お知らせ
 <各種表彰>
〇ジビエ利用モデル地区の選定について
〇第26回優良外食産業表彰における受賞者の決定について

 <募集・案内>
〇「日EU・EPA におけるGIの取扱いに関する説明会」(大阪会場)の開催及び参加者の募集について
〇「農の雇用事業」の募集を開始しました(平成30年6月研修開始分)

 <フォトレポート>
〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋
〇近畿農政局「消費者の部屋」4~5月展示(動物検疫制度)のご案内

4.統計情報
〇「平成30年産水稲の10a当たり平年収量」について
平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

 


1.農政の動き

〇「農林水産業・地域の活力創造プラン」の説明動画を公開しました。

  平成29年12月8日に「農林水産業・地域の活力創造本部」を開催し、「農林水産業・地域の活力創造プラン」を改訂しました。
  改訂した活力創造プランの説明動画を作成しましたのでご覧下さい。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/katsuryoku_plan/index.html#a


〇農業分野における知的財産に関する普及・啓発パンフレットを作成しました。

  農林水産省では、農業現場におけるノウハウ等の知的財産の管理の実態を把握するためのアンケート調査を実施するとともに、その結果に基づき、農業分野の生産技術やノウハウ等の知的財産としての価値や重要性を農業者や農業関係者に広く普及・啓発するためのパンフレットを作成しました。調査結果とパンフレットをホームページ上に掲載しましたので、是非ご活用ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/180312.html

〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年2月)

   平成30年2月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,729円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で19万トンとなっています。
  産地銘柄別の相対取引価格・数量については、農林水産省ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180313.html
 

2.お知らせ

<各種表彰

〇ジビエ利用モデル地区の選定について

  農林水産省は、先導的モデルとなる取組等を定めたマスタープランを策定した17地区を「ジビエ利用モデル地区」として選定しました。
  近畿農政局管内からは、以下の5地区が選定されました。

モデル地区 マスタープラン策定主体(コンソーシアム名)
 京都府・大阪府 京都丹波・大阪北摂地区  京都丹波・大阪北摂連携ジビエモデル構想協議会
 京都府 中丹地区   京都中丹認証ジビエ推進コンソーシアム
 兵庫県 県内広域  兵庫県シカ・イノシシ丸ごと1頭活用コンソーシアム
 和歌山県 紀北地区  わかやまジビエ紀北地区コンソーシアム
 和歌山県 古座川町  古座川ジビエコンソーシアム

 
==お問い合わせ先==
農村振興部 農村環境課  電話  075-414-9052

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/shigen/180312.html


〇第26回優良外食産業表彰における受賞者の決定について

  農林水産省は、「優良外食産業表彰」の農林水産大臣賞及び食料産業局長賞の受賞者を決定し、平成30年3月20日(火曜日)に帝国ホテル(東京都千代田区)において表彰式典を開催しました。
  近畿農政局管内では以下の4事業者が受賞されました。

【国産食材利用推進部門】
 
農林水産大臣賞
府県名 受賞者
大阪府  株式会社 グルメ杵屋
 
  食料産業局長賞
府県名 受賞者
京都府  株式会社 弘

【新規業態・人材開発部門】
 
食料産業局長賞
府県名 受賞者
大阪府  森口産業 株式会社

【海外進出・食文化普及部門】
 
農林水産大臣賞
府県名 受賞者
兵庫県  株式会社  トリドールホールディングス


詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/180314.html 

<募集・案内>

「日EU・EPA におけるGIの取扱いに関する説明会」(大阪会場)の開催及び参加者の募集について

  先般、日EU・EPA 交渉が妥結に至り、地理的表示(GI)の相互保護を行うこととなったことから、日EU・EPA の結果を踏まえた今後のGIの取扱い等に関する説明会を開催します。

 ◇日時:平成30年4月13日(金曜日)  13時30分~15時00分

 ◇場所:大阪合同庁舎第1号館 第1別館2階大会議室
              (大阪市中央区大手前1-5-44)

 ◇定員:約150名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

 ◇説明内容
          (1)地理的表示(GI)とは何か?
          (2)日EU・EPAにおける地理的表示(GI)の取扱い
          (3)現行GI法に基づく地理的表示(GI)の適切な表示について

 ◇申込み方法

参加を希望される方は、4月6日(金曜日)までに、FAXまたは申込フォームにてお申し込み下さい。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域食品課  担当:荒木、森川  電話  075-414-9025

詳細・お申し込みはこちらから
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/180319.html

〇「農の雇用事業」の募集を開始しました(平成30年6月研修開始分)

  農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
  平成30年6月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始します。
  また、30年度より要件の見直しを行っておりますので、応募前に募集要領のご確認をお願いします。
  なお、本事業は平成30年度政府予算原案に基づいて実施するものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容等の変更があり得ることにご留意願います。

 ◇助 成 額:研修生1人当たり  年間最大120万円  最長2年間

 ◇募集期間:平成30年3月16日(金曜日)から4月13日(金曜日)

 ◇研修助成期間:平成30年6月から最長2年間

詳しくはこちら(全国新規就農相談センターホームページ)
https://www.nca.or.jp/Be-farmer/nounokoyou/original/
 

<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

(※氏名は常用漢字を使用しています) 

 3.消費者の部屋

近畿農政局「消費者の部屋」4~5月展示(動物検疫制度)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『動物検疫制度をご存知ですか?~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~』をテーマに行います。
  ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:動物検疫制度をご存知ですか?
                ~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~

【近畿農政局での展示】
  ◇期間:平成30年4月2日(月曜日)~4月20日(金曜日)  8時30分~17時
              (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

  ◇場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
             (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

【京都市北区役所での展示】
  ◇期間:平成30年4月23日(月曜日)~5月7日(月曜日)  8時30分~17時
              (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

  ◇場所:北区役所本庁舎2階「北区民交流スペース」
              (京都市北区紫野東御所田町33-1)

  ◇内容:

牛や馬、鶏のヒナなどの動物、肉製品などの畜産物の輸入検査がどのように行われているのか、また、旅行者の手荷物に肉製品や果物などの検査対象品が入っているかを嗅ぎ分ける「検疫探知犬」の活動について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180319.html

4.統計情報

〇「平成30年産水稲の10a当たり平年収量」について

  農林水産省は、「水稲の作柄に関する委員会(平成29年度第3回)」(平成30年3月19日開催)の意見を踏まえ、平成30年産水稲の全国及び都道府県別10a当たり平年収量を決定しました。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/tokei/seiryu/180320.html


〇平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 牛乳乳製品統計(平成29年基礎調査)(全国)

  • 平成28年市町村別農業産出額(推計)(全国)
          (農林業センサス結果等を活用した市町村別農業産出額の推計結果)
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2017.html



 

 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

   先週の半ばは暖かい日が続き、仕事の帰りはコートを脱いでいたのですが、
今週は、コートが必要なほどの寒さが戻ってきました。気温が大きく変動し
ているせいか、周りで体調を崩されてる方がおられます。
  予報では、今後も周期的に寒暖が繰り返されるようです。
  今年度もあと僅か、服装と体調に気を付けて、新年度早々休むことのない
ようにしたいと思います。
  今年度もなんとか1年間配信できたことを嬉しく思います。
  来年度も農政に関する情報や、近畿管内の情報等をタイムリーに提供して
参りたいと思いますので、引き続きご愛読いただきますようよろしくお願い
いたします。

 ◇「平成30年春の農作業安全確認運動」の実施についてはこちら
    http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sizai/180206.html


☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060