このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.313 2018年 5月25日

目次

1.農政の動き

〇平成29年度「食料・農業・農村白書」の公表について
〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年4月)

2.お知らせ
 <各種表彰>

〇「第2回インフラメンテナンス大賞」の受賞者決定について

 <募集・案内>

〇「平成30年度食育セミナー 農から食を考える~体験から学ぶ命の循環~」のご案内
〇公共施設見学ツアーのご案内
〇農山漁村再生可能エネルギー相談窓口の設置について
〇「国産ジビエ認証制度」の制定について
〇農産物の輸出を目指す産地の皆さまへ(技術的なサポートを行います!)

 <フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」6月展示(食育月間)のご案内
〇近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示(野菜の摂取量)のご案内

4.統計情報

〇平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

 


1.農政の動き

〇平成29年度「食料・農業・農村白書」の公表について

  農林水産省では、毎年5月頃に、この1年間における食料・農業・農村の動向をまとめた食料・農業・農村白書を公表しています。
  本年5月22日に公表した平成29年度の白書では、これからの農業を担う若手農業者に焦点を当て、経営構造の特徴、農業経営に対する考え等について、農林業センサス等の統計データや独自のwebアンケートに基づき、冒頭の特集に記述しています。
  このほか、農業総産出額の16年ぶりの9兆円台回復、農林水産物・食品の輸出額の5年連続となる過去最高の更新、超省力・高品質生産を可能にするスマート農業の開発・導入等の動向や施策の成果を取り上げるとともに、全国各地で展開されている取組事例を交え、様々な動きを分かりやすく紹介しています。
  農林水産省のホームページには、概要と本体を掲載していますので、是非この機会に白書をご覧下さい。
  また、農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

農林水産省ホームページ(平成29年度食料・農業・農村白書)
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h29/index.html

ご意見・お問合せ総合窓口
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html

==お問い合わせ先==
大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526


〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年4月)

  平成30年4月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,779円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で16万トンとなっています。
  産地銘柄別の相対取引価格・数量については、農林水産省ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180515.html

 

2.お知らせ

<各種表彰>

〇「第2回インフラメンテナンス大賞」の受賞者決定について

  農林水産省は、総務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、防衛省とともに社会資本のメンテナンスに係る優れた取組を表彰する「インフラメンテナンス大賞」を実施しています。
  近畿農政局管内からは、以下の団体が受賞されました。 

  農林水産大臣賞
兵庫県淡路市 淡路東浦ため池※里海交流保全協議会

                             『※はハートマーク』

==お問い合わせ先==
農村振興部 設計課事業調整室  電話  075-414-9513

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/news/180516.html


<募集・案内>

〇「平成30年度食育セミナー 農から食を考える~体験から学ぶ命の循環~」のご案内

  近畿農政局では、農から食を考え、食や食にかかわる人々への感謝の念や農林水産業への理解を深めることを目的に食育セミナーを開催します。
  今回は米づくりや豚の飼育等の実体験を通した食農教育についての基調講演とともに、給食の食べ残しの活用、家族での農作業体験、農業ボランティアなど農業体験を活用した近畿の様々な取り組みをご紹介します。
  皆様のご参加をお待ちしています。

 ◇日時:平成30年6月29日(金曜日) 13時30分~16時30分

 ◇場所:コープイン京都  (京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町411)
           地下鉄烏丸線「四条」下車  徒歩5分

 ◇基調講演:「『いただきます』から『ごちそうさま』まで、食べるでつながる自分を見つめる」
                講師:上越市立飯小学校  教諭  舘岡  真一  氏

 ◇活動事例報告

テーマ:「給食のリサイクル堆肥でつなぐ食育」
発表者:NPO法人 花と緑のネットワークとよなか  理事長  高島  邦子  氏

テーマ:「命が輝くための食」 
発表者:ピースフードジャパン  代表  宮谷  有希子  氏

テーマ:「農業ボランティアから食を考える」 
発表者:にしき恋   神戸大学生  作田  幹樹  氏

 ◇申込方法:インターネットによる受付フォーム又は参加申込書に、
                  必要事項をご記入の上、お申し込みください。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/180524.html

 

〇公共施設見学ツアーのご案内

  近畿農政局は、地域経済や国民の方々の生活にとって必要不可欠な公共施設の役割について、より多くの皆様に知っていただけるよう、ダム、頭首工等の公共施設の見学を旅行商品の中に取り入れたツアーを実施していただける旅行会社等を募集します。
  詳しくは、近畿農政局ホームページの応募要領をご覧下さい。

==お問い合わせ先==
南近畿土地改良調査管理事務所  電話  0747-52-2791

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/kokuei/minami-kinki/koukyoushisetukengaku.html


〇農山漁村再生可能エネルギー相談窓口の設置について

  近畿農政局は、営農型太陽光発電をはじめとする農林漁業の発展と調和の取れた再生可能エネルギーの促進を図るため相談窓口を設置しました。

 ◇窓口業務

 ・農業者等からの営農型太陽光発電の実施に向けた相談に対応します。
 ・優良事例やチェックリスト等を情報提供し、農業者等による営農型太陽光発電の検討のバックアップを行います。
 ・営農型太陽光発電の取組に係る収支検討や技術的な課題を支援するため、業界団体等と連携して専門家を紹介します。

 ◇設置場所 : 近畿農政局経営・事業支援部食品企業課内

 ◇連絡先

〒602-8054
京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁字風呂町
   電話  075-414-9024    FAX  075-414-7345

 ◇受付時間 : 8時30分~17時15分 (12時~13時及び土・日・祝日・年末年始を除きます)

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 食品企業課  電話  075-414-9024

     詳しくはこちら
     http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/syokuhinkigyo/energy/soudan/soudan.html

 

〇「国産ジビエ認証制度」の制定について

  農林水産省は、捕獲した野生のシカ及びイノシシを処理する食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を制定しました。
  「国産ジビエ認証制度」は、食肉処理施設の自主的な衛生管理等を推進するとともに、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図ることを目的としており、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行うものです。

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/180518.html


〇農産物の輸出を目指す産地の皆さまへ(技術的なサポートを行います!)

  農林水産省では、平成29年度から植物検疫や残留農薬など輸出先国の規制に対応した防除体系や栽培方法の確立に向けた取組への支援を行っています。
  生産者である皆様等の御相談に応じ、植物検疫や残留農薬等の専門家を現地に派遣しているほか、本年度からは、新たに外国人旅行者等が携帯品(おみやげ)として農産物を海外に持ち出すための検疫手続き円滑化の取組を行う産地等への支援も開始しています。
平成29年度は、産地等からの要請に応じ、全国で22の産地等へ技術的なサポートを提供した結果、スムーズに輸出をすることができました。
  今年度も全国各地から多くの相談が寄せられています。
専門家の派遣等に当たり、費用負担はありませんので、是非以下のサポート事務局サイト内の相談窓口に御連絡ください。

==輸出先国の規制に対応するためのサポート事務局==
一般社団法人全国植物検疫協会内
TEL:070-1187-1520  FAX:03-5294-1525

(サポート事務局ホームページ)
http://www.zenshoku-kyo.or.jp/consultation/


<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

 (※氏名は常用漢字を使用しています) 

 3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」6月展示(食育月間)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『 6月は食育月間です!~実践しよう!体験しよう!食育!~』をテーマに行います。
  ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:6月は食育月間です!~実践しよう!体験しよう!食育!~

 ◇期間:平成30年6月1日(金曜日) ~ 6月29日(金曜日) 9時~17時
           (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:ヘルスピア21 1階エントランスホール
              (京都市南区西九条南田町1-2)

 ◇内容:

今回の「消費者の部屋」特別展示では、生産から消費までの食べ物の循環を意識した食育や栄養バランスに優れた「日本型食生活」などについて、パネルとパンフレットの展示によりご紹介します

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180518.html

 

〇近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示(野菜の摂取量)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『あと1品どうしよう? を解決します!~野菜1日350g!~ 』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:あと1品どうしよう?を解決します!~野菜1日350g!~

 ◇期間:平成30年5月28日(月曜日) ~ 6月8日(金曜日)  8時30分~17時
              (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:京都市北区役所本庁舎2階  北区民交流スペース
              (京都市北区紫野東御所田町33-1)

 ◇内容:

今回の「消費者の部屋」特別展示では、野菜の摂取量について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180514.html

 

4.統計情報

〇平成29年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 平成29年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)(和歌山県)
  • 平成29年産りんごの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)
  • 平成29年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量(全国)
  • 食鳥流通統計調査(平成29年)(全国))
  • 平成29年木材統計(全国)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2018.html

 

 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

  今回、近畿農政局「消費者の部屋」5~6月展示(野菜の摂取量)の記事を
編集していて、最近野菜をあまり食べていないことに気づきました。もっと
バランスの良い食事をしなくてはと反省しています。
  さて、5月も終盤に近づきました、来週金曜日から6月に入ります。
  6月は食育月間です、各地でイベント等が開催されます。近畿農政局のホ
ームページでも食育関連の情報を提供しています。この機会に食育について
考えてみてはいかがでしょうか。

近畿農政局 食育のページ↓
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/index.html


☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060