このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.318 2018年 7月27日

目次

1.農政の動き

〇「平成30年7月豪雨に関する情報」について
〇平成30年梅雨期における豪雨及び暴風雨による農林水産関係被害への支援対策について
〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年6月)

2.お知らせ
 <募集・案内> 

〇第22回輸出セミナー&情報交換会「越境ECを通じた食品の海外販路開拓」開催のお知らせ
〇第3回「全国子ども和食王選手権」参加者募集のお知らせ
〇平成30年度地産地消等優良活動表彰 ~地産地消の活動や自慢のメニューを募集します~
〇「フード・アクション・ニッポン アワード2018」募集について
〇第3回はなやかKANSAI魅力アップアワード~関西インバウンド大賞~公募開始のお知らせ

 <フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」8月展示 (和食とフード・アクション・ニッポン)のご案内
〇近畿農政局「消費者の部屋」8月展示 (農業・農村の多面的機能)のご案内

4.統計情報

〇2015年農林業センサスミニ分析第10回について
〇「地域の漁業を見て・知って・活かすDB」を公開しました
〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

 


1.農政の動き

〇「平成30年7月豪雨に関する情報」について

  このたびの平成30年 7月豪雨により、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。
  農林水産省では、「台風第 7号及び前線等による大雨に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、対応しております。
  被害と対応の状況につきましては、農林水産省ホームページに随時掲載していきますので、ご覧下さい。
  また、首相官邸では、政府としてとりまとめた生活支援に関する情報や復旧状況などをお知らせするため首相官邸ホームページに「平成30年7月豪雨災害対策特設ページ」を設けていますので、合わせてご覧下さい。

『平成30年7月豪雨に関する情報』(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/saigai/ooame/h3007/index.html

『平成30年7月豪雨災害対策特設ページ』(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/saigai/ooame201807/


〇平成30年梅雨期における豪雨及び暴風雨による農林水産関係被害への支援対策について

平成30年の梅雨期における豪雨及び暴風雨により、各地域の農林水産業に被害がもたらされました。
このため、被災された農林漁業者の方々が一日も早く経営再開できるように、総合的な対策を講じます。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/180716_11.html


〇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年6月)

  平成30年6月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,692円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で8万トンとなっています。
  産地銘柄別の相対取引価格・数量については、農林水産省ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180713.html

   

2.お知らせ

<募集・案内>

〇第22回輸出セミナー&情報交換会「越境ECを通じた食品の海外販路開拓」開催のお知らせ

  近畿農政局では、輸出に取り組む事業者を支援するため、第22回輸出セミナー&情報交換会を開催します。
  今回は、「越境ECを通じた食品の海外販路開拓」をテーマとし、越境ECにより日本産農林水産物・食品の海外販売を行っているサイト運営事業者から、越境ECを通じた食品の海外販路開拓方法について、事例を交えながら説明を行います。
  越境ECを通じた食品輸出に関心をお持ちの事業者の方は、是非、御参加ください。

 ◇日時:平成30年9月11日(火曜日)14時~17時
           (13時30分から受付開始、個別相談は18時まで)

 ◇場所:大阪合同庁舎1号館6階  近畿農政局大阪府拠点第2会議室
           (大阪府大阪市中央区大手前1-5-44)

 ◇内容

1.食品の越境EC市場の現状及び中小機構の支援施策
    説明者:(独)中小企業基盤整備機構近畿本部  販路開拓部  国際支援課
              課長代理  堀 昌徳  氏

2.日本食・食文化の魅力発信による海外需要開拓の取組
    説明者:農林水産省  食料産業局  食文化・市場開拓課

3.WASHOKU Treasure(日本産食材の海外向けBtoBサイト)の取組
    説明者:アグリホールディングス株式会社
              取締役事業開発部長  塚田 周平  氏

4.Everything From.JP(日本産品の海外向けBtoCサイト)の取組
    説明者:株式会社フェリシモ
              グローバル事業推進部長  古村 和明  氏

5.平成31年度農林水産省予算概算要求における輸出関連事業
    説明者:近畿農政局  地域連携課

6.質疑応答・意見交換

セミナー終了後に講師との個別相談(事前登録制)を実施(18時まで)

 ◇定員:60名程度(先着順)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法:以下のURLから申込フォームにてお申し込み下さい。
                https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/180712.html

 ◇申込締切:平成30年9月6日(木曜日)

==お問い合わせ先==
近畿農政局経営・事業支援部地域連携課  担当:太田、高山
電話:075-414-9101  FAX:075-414-7345
メール:kinki_export@kinki.maff.go.jp

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/yusyutu/exportseminar_22th.html

〇「第3回全国子ども和食王選手権」参加者募集のお知らせ

  農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの 「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「 第3回全国子ども和食王選手権」を開催し、参加いただける小学生を募集します。
  小学校1年生~3年生はお絵かきを通して、小学校4年生~6年生はチームで協力しながら和食の知識や技を競い合う体験を通して、日本の食文化に対する理解を深め、その普及を推進します。皆様のご応募をお待ちしております。

 ◇募集期間:平成30年9月21日(金曜日)まで

 ◇応募方法、応募宛先等につきましては、農林水産省ホームページをご覧ください。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/180611.html


平成30年度地産地消等優良活動表彰 ~地産地消の活動や自慢のメニューを募集します~

  全国各地の創意工夫のある様々な地産地消や、国産農林水産物、食品の消費拡大を推進する団体・企業又は個人を募集します。
  本年度から優良活動表彰とメニューコンテストを統合し、表彰部門を取組内容制から取組主体制に見直しました。
  自薦・他薦は問いません、是非地域の特色を活かした創意工夫あふれる取組・活動を紹介ください!! 
  本年度より、表彰部門が一新されております。詳しくは、HPをご覧ください。

 ◇募集期間:平成30年8月24日(金曜日)まで

 ◇表彰部門:生産部門/食品産業部門/教育関係部門/個人部門

 ◇対象者:地域の農林水産物・食品の利用促進や消費拡大を行う団体・企業又は個人

 ◇応募方法:所定の応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵送又はメールで提出してください。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/tiiki_syokuhin/tisan_tisyo/index.html


  〇「フード・アクション・ニッポン アワード2018」募集について

  農林水産省は、今年度も地域の農林水産物や食文化を活かした魅力的な産品を発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポン アワード2018」を開催します。全国への流通販路を持つ大手百貨店、流通、外食事業者等が「おいしさで心をつなぐニッポンの逸品」を選定し、作り手の想いとともに消費者に届けます。
  また、今年度は和食文化のユネスコ無形文化遺産に登録されて 5周年の節目であることから、「身近」「手軽」「健康的」をキーワードとして和食文化あふれる食事を摂る機会の増加に官民協働で取り組む「Let's! 和ごはんプロジェクト」の趣旨に沿った産品を特別賞として選定します。

 ◇応募対象
応募主体:農林水産物の生産者、食品製造業者、加工事業者等
対象産品:国産農林水産物の消費拡大に寄与する農林水産物及び加工食品並びに従来と比較して簡単に「和ごはん」が調理できる加工食品


 ◇募集期間:平成30年8月31日(金曜日)まで

 ◇応募方法:応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵送又は応募フォームにて提出してください。

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域食品課  電話  075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/keiei/tiiki_syokuhin/shohi_kakudai/index.html#2018


〇第3回はなやかKANSAI魅力アップアワード~関西インバウンド大賞~公募 開始のお知らせ

  急増する訪日外国人旅行客による経済効果を関西に波及させるには、更なる訪日外国人の受入環境の整備・充実を進め、関西の魅力を向上し、広く発信することが重要です。
  本アワードは、優れた外国人受入環境整備への取組を先進モデルとして表彰・周知することにより、他地域における取組への機運醸成と展開を促進し、拡大するインバウンド観光需要の取込みによる地方創生とグローバル人材・企業の誘引に資することを目的とします。
  インバウンド観光需要の取込みや在住外国人の居住・生活サポートに寄与する事業・活動に対して、総合的に優れた取組及び各審査項目において突出して優れた取組を、「はなやかKANSAI魅力アップフォーラム」に推薦し、同フォーラムにおいて関西インバウンド大賞、他数件の表彰を予定しています。

 ◇応募期間:平成30年9月7日(金曜日)(*期日までに必着)

 ◇応募対象のテーマ・分野

関西2府5県(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)及び三重県、鳥取県、徳島県において実施されている下記事業・活動を対象とします。

<テーマ1:観光・訪日客を誘引する関西のさらなる魅力づくり>

(1)観光情報の発信・プロモーション
(2)観光商品・サービスの造成
(3)観光地づくりへの体制整備
(4)観光人材の確保・育成

<テーマ2:住み心地の良い生活環境づくり>

(1)きめ細かな生活サポート
(2)コミュニティ・交流

<テーマ3:学び、働き、活躍できる環境づくり>

(1)学び、活躍できる環境づくり
(2)ビジネスのしやすい環境整備

 ◇応募方法等
        応募方法や応募書類等の詳細は、近畿経済産業局ホームページでご確認ください。

==お問い合わせ及び応募先==
「はなやかKANSAI魅力アップアワード」事務局
近畿経済産業局通商部 投資交流促進課
〒540-8535大阪市中央区大手前1丁目5番44号 
TEL:06-6966-6033 E-mail: charm-kansai@meti.go.jp

詳しくはこちら(近畿経済産業局ホームページ)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/30koubo/30_toukou_award.html


<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

3.消費者の部屋

近畿農政局「消費者の部屋」8月展示 (和食とフード・アクション・ニッポン)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『和食とフード・アクション・ニッポン』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:和食とフード・アクション・ニッポンについて
             ~ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化と国産農林水産物の消費拡大に向けた国民運動~

 ◇期間:平成30年8月6日(月曜日)~8月24日(金曜日) 9時~17時
            (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:近畿中国森林管理局1階  「森林(もり)のギャラリー」 プロムナード
           (大阪市北区天満橋1-8-75)

 ◇内容:

「身近な和食」と「フード・アクション・ニッポンアワード」2017年度に受賞・入賞した産品(近畿地区)について、パネルとパンフレット等の展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180723.html


〇近畿農政局「消費者の部屋」8月展示 (農業・農村の多面的機能)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、農村で農業が営まれることにより、私たちの生活へもたらされる様々なめぐみについて、『農業・農村のいろいろな働き~農業・農村の多面的機能の紹介~』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:農業・農村のいろいろな働き
             ~農業・農村の多面的機能の紹介~

 ◇期間:平成30年8月1日(水曜日)~8月21日(火曜日) 8時30分~17時
          (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:ヘルスピア21  1階エントランスホール
          (京都市南区西九条南田町1-2)

 ◇内容:

農業・農村の多面的機能(国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成等)や近畿農政局管内における取組事例について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話  075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/180718.html 

 

4.統計情報

〇2015年農林業センサスミニ分析第10回について

  2015年農林業センサス結果を用いて近畿農業の変化や特徴をグラフ化し、わかりやすくコンパクトにまとめました。
  今回は「近畿における野菜作」として、

  • 野菜を作付けした経営体数及び作付面積の推移
  • 農産物販売金額規模別の金額割合
  • 基幹的農業従事者の年齢別1戸当たり販売金額
  • 販売金額1位部門が稲作から野菜になった経営体の動き(継続経営体)

などについて解説しています。

==お問い合わせ先==
統計部 統計企画課  電話  075-414-9620

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/2015census/mini.html


〇「地域の漁業を見て・知って・活かすDB」を公開しました

  農林水産省は、地域の漁業を漁業地区及び漁業集落の単位で分析が行える「地域の漁業を見て・知って・活かすDB」をホームページ上で公開しました。
  漁業地区(約2,200地区)及び漁業集落(約6,000集落)の2008年及び2013年漁業センサスの結果を見ることができます。
  また、これらのデータにより小地域単位での構造変化を分析したり、表やグラフに加工したり、地図上に表示することができます。

==お問い合わせ先==
統計部 経営・構造統計課  電話  075-414-9640

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/fc/database/index.html

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 平成29年農業物価指数 -平成27年基準-(全国)
  • 生産者の米穀在庫等調査(平成29年度)(全国)
  • 生産者の米穀在庫等調査(平成30年6月末見込み)(全国)
  • 平成30年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)(全国)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2018.html

 

 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

     毎日暑い日が続いています。気象庁の発表によりますと、7月中旬の平均
気温は、関東甲信地方で平年差+4.1℃、東海地方は+3.6℃、近畿地方は+
3.4℃、中国地方は+3.1℃と1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も
高かったよです。京都では、7月14日から今日(26日)まで13日間連続で35
℃を超えています。
  今後も東日本と西日本では、気温の高い状態が8月上旬まで続くとの予報
もでています。屋外での農作業中はもちろんのこと、屋内においても熱中症
にならないよう、水分や適切な塩分補給と、休息を心がけてください。


☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060