このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.328 2018年12月14日

目次

1.農政の動き

〇米に関するマンスリーレポート(平成30年12月号)の公表について
〇平成30年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成30年10月末現在)

2.お知らせ
 <各種表彰> 

〇平成30年度「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」の認定について

 <募集・案内> 

〇「食肉情報出張講座 ~国産食肉の安全・安心の確保と健康機能を考える~」開催のご案内
〇インバウンド活性化セミナー・個別相談会開催のご案内
〇平成31年度関西食の輸出促進施策合同説明会「各種証明書の発行及び平成31年度輸出促進関連施策」開催のご案内
〇食品輸出セミナー開催のご案内
〇「2019語り部交流会inわかやま」開催のご案内

 <フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(国産チーズ)のご案内
〇近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(植物検疫)のご案内

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果
 


1.農政の動き

〇米に関するマンスリーレポート(平成30年12月号)の公表について

  農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成30年12月号)」を取りまとめましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省へリンク)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/181207.html


〇平成30年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成30年10月末現在)

 ◇契約・販売状況

平成30年10月末現在の全国の集荷数量は187万トン、契約数量は173万トン、販売数量は27万トンとなっています。

 ◇民間在庫の推移

平成30年10月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で288万トンとなっています。

 ◇事前契約数量

全国の事前契約数量は147万トンとなっています。

産地や銘柄別の契約・販売状況、民間在庫及び事前契約数量につきましては、農林水産省ホームページをご覧下さい。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/181130.html     

2.お知らせ

<各種表彰>

〇平成30年度「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」の認定について

  農林水産省は、インバウンド需要を農山漁村に呼び込むための仕組みとして創設した「SAVOR  JAPAN(農泊  食文化海外発信地域)」について、今年度は6地域を認定しました。
  近畿農政局管内では以下の3地域が今回認定されました。

府県 市町村・地域 実行組織
京都府
京都府森の京都地域(*1) 一般社団法人 森の京都地域振興社
京都府
京都府山城地域(*2) 一般社団法人 京都山城地域振興社
和歌山県 湯浅町 一般社団法人  湯浅観光まちづくり推進機構

*1 京都府森の京都地域:亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市
*2 京都府山城地域:宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村

==お問い合わせ先=
経営・事業支援部 地域食品課  電話 075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/181207.html

<募集・案内>

〇「食肉情報出張講座  ~国産食肉の安全・安心の確保と健康機能を考える~」開催のご案内

  「国産食肉の安全・安心の確保」をテーマに、国産食肉の安全性等について正確な情報提供を行うため食肉情報出張講座を開催します。
  是非、ご参加下さい。

 ◇日時:平成31年1月22日(火曜日)13時30分~16時30分

 ◇場所:ホテルセントノーム京都平安の間
              (京都市南区東九条東山王町19-1)

 ◇内容

  基調講演:「食肉による食中毒予防に向けてHACCPの導入」
                    岩手大学 名誉教授  品川 邦汎 氏

                 「食肉の成分と健康機能」
                    東京農業大学応用生物科学部 教授
                    東京大学 名誉教授
                    清水 誠 氏

  現地報告:「安心・安全な食肉の生産について」
                    京都市中央卸売市場第二市場 場長  廣瀬 智史 氏

 ◇定員等:100名程度(対象:消費者、食肉流通業者、生産者、行政等)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法

  平成31年1月11日(金曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込み下さい。
  (定員になり次第、受付を終了いたします。)

==お問い合わせ先=
生産部 生産振興課  電話 075-414-9022

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/chikusan/181214.html

  〇インバウンド活性化セミナー・個別相談会開催のご案内

  訪日外国人が増加する中、ハラール、ベジタリアン、グルテンフリー等の多様な食への対応について、専門家や実践されている飲食事業者等の方々をお招きし、講演やパネルディスカッション、個別相談を行います。
  興味はあるけど、誰に相談すれば良いか分からない、何から手を付ければ良いか分からない、といった方など、多数お待ちしております。

 ◇日時:平成31年1月28日(月曜日)14時00~

 ◇場所:TKPガーデンシティ大阪梅田(カンファレンスルーム13A)
           (大阪府大阪市福島区福島5-4-21  TKPゲートタワービル)

 ◇内容

講演:「食の多様化への対応について」
         フードダイバーシティ株式会社 代表取締役  守護 彰浩 氏

講演:「イスラーム食品市場への輸出について」
         独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)
         農林水産・食品部 農林水産・食品課長代理  籠瀬 明佳 氏

パネルディスカッション
<ファシリテーター>

守護 彰浩 氏

<パネリスト>

楠本 貞愛 氏(株式会社きたやま南山  代表取締役)
佐野 嘉紀 氏(スリーピース株式会社  代表取締役)
籠瀬 明佳 氏(独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)農林水産・食品部 農林水産・食品課長代理)
農林水産省食料産業局企画課担当官

 ◇個別相談会(希望者のみ:要事前申込)

 ◇定員等:80名(個別相談会は8名)

(対象:食の多様性(特にハラール)に対応中またはご関心のある飲食事業者、食品産業事業者、インバウンド活性化に取り組むサービス業・観光業等の事業者  等)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法:平成31年1月23日(水曜日)までに、以下のURLからお申し込み下さい

==お問い合わせ先=
経営・事業支援部食品企業課  電話 075-414-9024

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/syokuhin/syokuhin_sangyou/inbaund.html

〇平成31年度関西食の輸出促進施策合同説明会「各種証明書の発行及び平成31年度輸出促進関連施策」開催のご案内

  近畿農政局は、近畿厚生局、近畿経済産業局と共催で、近畿地方における食の輸出拡大を目的として、合同説明会を開催します。
  本説明会は、「各種証明書の発行及び平成31年度輸出促進関連施策」をテーマとし、輸出の際に必要となる各種証明書の発行方法や政府が実施予定の平成31年度輸出促進関連施策の説明を行います。
  また、説明会終了後に、個別相談会を開催します。

 ◇日時:平成31年1月30日(水曜日)14時~17時(13時30分から受付開始、終了後に個別相談会)

 ◇場所:大阪合同庁舎1号館第1別館2階  大会議室
              (大阪府大阪市中央区大手前1-5-44)

 ◇内容

1.輸出に際し求められる各種証明書の発行
     ・衛生証明書及び自由販売証明書(近畿厚生局)
     ・食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書(近畿農政局)
     ・植物検疫手続き(神戸植物防疫所)
     ・動物検疫手続き(動物検疫所神戸支所)
     ・非特恵一般貿易証明及びサイン証明(大阪商工会議所)

2.平成31年度輸出促進関連施策
     ・近畿農政局
     ・近畿経済産業局
     ・近畿運輸局
     ・大阪国税局
     ・(独)日本貿易振興機構大阪本部

3.個別相談会(18時まで)

 ◇定員:100名程度

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法

平成31年1月25日(金曜日)までに、申込フォーム又は参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
経営・事業支援部地域連携課  電話:075-414-9101

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisan/nousan/yusyutu/sisaku_setumei_H31.html


〇食品輸出セミナー開催のご案内

  関西広域連合は、輸出に向けての機運の醸成を図るとともに、様々な情報を提供するため、以下のとおり事業者向け食品輸出セミナーを開催しますので、御案内します。
  これから輸出に取り組もうとしている事業者の方はもとより、既に輸出している方にも役立つ内容ですので、是非、参加を御検討ください。

 ◇日時:平成31年2月7日(木曜日)13時30分~16時30分

 ◇場所:関西大学梅田キャンパス  KANDAI Me RISE 8階 大会議室
           (大阪市北区鶴野町1-5)

 ◇内容

講演:農産物輸出拡大を目指す産地体制の構築
        九州農産物通商(株) 上席執行役員 波多江 淳治 氏

講演:南部美人の挑戦~小さな町の酒蔵が世界1位になる軌跡~
       (株)南部美人 代表取締役 久慈 浩介 氏

講演:安全・安心で豊かな食生活を世界の食卓へ!
        オイシックス・ラ・大地(株) 執行役員
        Oisix Hong Kong Co., Ltd. 董事長(代表)
        Oisix Shanghai Co., Ltd. 執行董事(代表)高橋 大就 氏

 ◇定員:200名(定員に達し次第締切)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法

平成31年1月31日(木曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールでお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
関西広域連合農林水産部販売促進課(事務局:和歌山県食品流通課) 担当:井汲、小路、北廣
電話:073-441-2813  FAX:073-432-4161
メール:e0717001@pref.wakayama.lg.jp

詳しくはこちら(主催者HP)
http://www.kouiki-kansai.jp/koikirengo/jisijimu/nosui/info/3633.html

〇「2019語り部交流会inわかやま」開催のご案内

  「地域の『絆』が育んだ持続的農業」をテーマに、梅の一大産地となり世界農業遺産にも認定された、みなべ・田辺地域が果たした持続可能な農村地域の形成について、その農文化、独特の景観、生物多様性を通して語り合い、理解を深めることを目的として「2019語り部交流会inわかやま」を開催します。

 ◇日時:平成31年1月24日(木曜日) 13時30分~16時00分

 ◇場所:紀南文化会館小ホール(田辺市新屋敷町1)

 ◇内容

基調講演:「梅が醸し出す美しい景観」
             ネイチャーフォトグラファー  内山 りゅう 氏

語り:「梅と日本人の関わり」
              語り部・かたりすと  平野 啓子 氏

語りフォーラム:「地域の『絆』とひらかれた農村」

<コーディネーター>

平野 啓子 氏

<パネラー>

内山 りゅう 氏
石神 忠夫 氏(紀州田辺観梅協会会長・みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会委員)
松川 嘉之 氏(南紀用水土地改良区理事長)
二葉 美智子 氏(受領梅遊びグループ)
室本 隆司 氏(農林水産省農村振興局長)
 ※パネラーについては、都合により予定を変更することがあります。予めご了承ください。

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法

平成31年1月11日(金曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールでお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
農村振興部設計課事業調整室  電話 075-414-9513

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/nosonsinko/nouson_seibi/2019kataribe.html 


<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(国産チーズ)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『国産チーズについて』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:国産チーズについて

 ◇期間:平成30年12月17日(月曜日)~平成31年1月11日(金曜日) 8時30分~17時15分
              (土・日、祝日、年末年始(12/29~1/3)を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:宇治市役所1階「市民交流ロビ-」
             (京都府宇治市宇治琵琶33番地)

 ◇内容

  国産チーズの生産状況やその種類、近畿地方でチーズの生産に取り組んでいるチーズ工房等をパネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/181203.html

〇近畿農政局「消費者の部屋」12月展示(植物検疫)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『植物検疫って、な・あ・に ~農業と緑を守るために~ 』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:植物検疫って、な・あ・に ~農業と緑を守るために~

 ◇期間:平成30年12月10日(月曜日)~12月21日(金曜日) 8時30分~17時
              (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:ヘルスピア21  1階エントランスホール
             (京都府京都市南区西九条南田町1-2)

 ◇内容

  植物検疫の役割や海外から植物を持ち帰る際に気をつけること等について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/181126.html
 

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 野生鳥獣資源利用実態調査(平成29年度)(全国)
  • 生産者の米穀在庫等調査(平成30年6月末)(全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年産米生産費(個別経営)(全国、近畿)
  • 農業経営統計調査 平成29年産米生産費(組織法人経営)(全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年度牛乳生産費(全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年度肉用牛生産費[子牛・去勢若齢肥育牛・乳用雄育成牛・乳用雄肥育牛・交雑種育成牛・交雑種肥育牛生産費](全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年度肥育豚生産費(全国)
  • 平成30年産春植えばれいしょの作付面積、収穫量及び出荷量(都府県)
  • 平成30年産水陸稲の収穫量(全国)
  • 平成30年産水稲の収穫量(近畿)
  • 農業経営統計調査 平成29年個別経営の営農類型別経営統計(水田作経営、畑作経営、野菜作・果樹作・花き作経営、酪農・肉用牛・養豚・採卵養鶏・ブロイラー養鶏経営)(全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年個別経営の経営形態別経営統計(全国)
  • 農業経営統計調査 平成29年組織法人経営の営農類型別経営統計(併載:経営形態別経営統計)(全国)
  • 営農類型別経営統計からみた1農業経営体当たりの経営状況(推計)(平成25年~平成29年)(全国)

  • 詳しくはこちら
    http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2018.html
     
 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

  12月も半ばも過ぎ、忘年会や新年会の日程が決まってきたのではないでし
ょうか。
  今年も12月1日から、食品ロスを削減する外食時の「おいしい食べきり」
全国共同キャンペーンが実施されています。
  まだ食べられるのに捨てられてしまっている食品が年間約 646万トン(平
成27年度推計)も発生しており 、特に宴会では、 多くの食べ残しが発生し
ています。
  忘年会や新年会では、乾杯後30分・お開き10分前は自分の席で料理を楽む
「30・10運動」の実践など、食品ロスの削減に努めましょう。

 ※外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンについてはこちら
     http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/181130.html
    農林水産省の取組はこちら
     http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_2.html


 

☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060