このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.329 2018年12月28日

目次

1.農政の動き

〇平成30年度第2次農林水産関係補正予算の概要について
〇平成31年度農林水産予算概算決定の概要について
〇平成31年度税制改正の大綱における農林水産関係事項について
〇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成30年11月)
〇平成31年度畜産物価格等の決定について

2.お知らせ
 <募集・案内> 

〇「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募説明会開催のご案内
〇近畿ブロック農福連携シンポジウム「未来につなぐ農福連携~持続性のある農業と福祉の連携~」開催のご案内
〇近畿ブロックGIセミナー開催のご案内
〇GAP関連運動推進事業研修会のご案内

 <フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(近畿地域の麦のご紹介)のご案内

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果
 


1.農政の動き

〇平成30年度第2次農林水産関係補正予算の概要について

  平成30年度第2次補正予算について、12月21日に閣議決定されましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/budget/30hosei2.html


〇平成31年度農林水産予算概算決定の概要について

  平成31年度予算について、12月21日に概算決定されましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/budget/31kettei.html


〇平成31年度税制改正の大綱における農林水産関係事項について

  12月21日に閣議決定された、平成31年度税制改正の大綱における農林水産分野の事項を取りまとめましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/tyosei/181221.html


〇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成30年11月)

  平成30年11月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,711円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で21万トンとなっています。
  産地銘柄別の相対取引価格・数量については、農林水産省ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/181214.html


〇平成31年度畜産物価格等の決定について

  平成31年度畜産物価格等を決定しましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/181213.html 

 

2.お知らせ

<募集・案内>

〇スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募説明会開催のご案内

  技術発展の著しいロボットやAI、IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を加速化するため、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」に係る公募説明会を開催します。

 ◇日時:平成31年1月8日(火曜日)13時00分~16時00分

 ◇場所:キャンパスプラザ京都 5階第1講義室
          (京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

 ◇内容

「スマート農業加速化実証プロジェクト」及び「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」について、応募手続、スケジュール等の説明・質疑応答。(予算成立までの過程で公募内容等に変更があり得ることをあらかじめ御承知おきください)

 ◇定員:(定員150名。定員に達し次第締切とさせていただきます) 

 ◇申込方法

平成31年1月7日(月曜日)12時までに、インターネットにてお申込みいただくか、参加申込書に必要事項をご記入のうえFAXでお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
生産部生産技術環境課  電話 075-414-9722

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kankyo/181225.html


〇近畿ブロック農福連携シンポジウム「未来につなぐ農福連携~持続性のある農業と福祉の連携~」開催のご案内

  障害者の就労訓練や雇用の場として農業分野に注目が集まっています。
  このため、近畿地域においても自主的・自律的な農福連携の取組が持続可能なものとなることを目的に、農福連携シンポジウムを開催します。

 ◇日時:平成31年1月22日(火曜日)13時30分~17時30分

 ◇場所:キャンパスプラザ京都 5階第1講義室
          (京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

 ◇内容
     基調講演
          「~コクヨグループの農福連携の取組~」
            ハートランド株式会社 代表取締役社長 谷 健次 氏

     取組事例の紹介
            きょうと農福連携センター(京都府庁内)

     施策等の紹介
            農林水産省農村振興局農村政策部

     パネルディスカッション
            テーマ:「持続性のある農業と福祉の連携」

 ◇参集範囲
        ・これから農福連携の取り組みを考えている方
        ・すでに農福連携に取り組んでいる方
        ・国及び地方自治体の農業・福祉関係担当者等

 ◇定員:(定員250名。定員に達し次第締切とさせていただきます)

 ◇申込方法

平成31年1月15日(火曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、メールまたはFAXでお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
農村振興部農村計画課  電話 075-414-9051

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/nousonshinkou/181214.html


〇近畿ブロックGIセミナー開催のご案内

  日・EU経済連携協定の適確な実施を確保するため、「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」(地理的表示法)が一部改正されました。
  このことから、GIサポートデスクでは地理的表示法の改正内容の説明やGI申請のポイントのご紹介のほか、登録産品の関係者やGIの先進地である欧州連合の駐日代表部を迎えて、GI登録の効果や活用戦略について、下記のとおりセミナーが開催されますのでお知らせします。

 ◇日時:平成31年2月1日(金曜日)
              13時00分~16時30分(開場:12時30分)

 ◇場所:リファレンス大阪駅前第4ビル貸会議室  会議室2307
           (大阪府大阪市北区梅田1-11-4  大阪駅前第4ビル23階)

 ◇内容
        講演1:『GI法改正説明』
                      農林水産省  食料産業局  知的財産課  担当者

   講演2:『EUにおけるGIのメリット・活用戦略』
                 駐日欧州連合代表部  通商部二等書記官
                 Sylwia Czerska (シルヴィア  チェルスカ)氏 (通訳あり)

   講演3:『GI登録の目的と合意形成(くろさき茶豆)』
                 越後中央農業協同組合  営農部長  山賀 晃 氏

   講演4:『美味しさとこだわりを伝えるGI制度(紀州金山寺味噌)』
                 紀州味噌工業協同組合  理事長  久保 公一 氏

   講演5:『GI申請のポイント・ツールの紹介』
                 GIサポートデスク  担当者

 ◇対象者
          ・流通・外食関係団体または事業者
          ・地理的表示登録の申請を検討する、または既に登録を受けている産地関係者(自治体職員や団体職員、生産者等)
          ・弁理士会、弁護士会
          ・商工会、商工会議所
          ・INPIT(知財総合支援窓口の担当者)

 ◇定員:100名(定員に達し次第締切とさせていただきます)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法:平成31年1月30日(水曜日)までに、以下のURLからお申し込み下さい。
             URL:http://www.fmric.or.jp/gidesk/event/index.html
             GIサポートデスク(担当:清水、江端)TEL:03-5567-1991

==お問い合わせ先=
経営・事業支援部地域食品課  電話 075-414-9025

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keiei/tiiki_syokuhin/181218.html


〇GAP関連運動推進事業研修会のご案内

  国際水準のGAPに取り組む農業者の拡大に向け、食品安全、環境保全、労働安全等のGAPの取組内容に関する農業者等の理解度向上に向けて研修会を開催します。
  また、GAP審査会社とGAP審査員になりたい方とのマッチングを併せて開催します。

 ◇日時:平成31年1月25日(金曜日)13時30分~17時00分
               (マッチングは10時00分~12時00分)

 ◇場所:TKPガーデンシティ新大阪  カンファレンス・ルーム6A
           (大阪市淀川区宮原4-1-4  KDX新大阪ビル6F)

 ◇内容

GAPの実施に必要な食品安全、環境保全、労働安全及び人権保護等の各分野において、取り組むべき関係法令・制度の背景や趣旨等を各分野の専門家がわかりやすく解説します。

 ◇定員:50名(定員に達し次第締切とさせていただきます)

 ◇参加費:無料

 ◇申込方法

         平成31年1月22日(火曜日)までに、申込フォームよりお申し込み下さい。

==お問い合わせ先=
全国農業改良普及支援協会    GAP担当  北村、坂
   電    話:03-5561-9562、03-5561-9561
   受付時間:月~金曜日10時~17時(12時~13時を除く)

詳しくはこちら(主催者HP)
https://www.jadea.org/news/news-20181030.htm

 

<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(近畿地域の麦のご紹介)のご案内

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『近畿地域の麦のご紹介』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:近畿地域の麦のご紹介

 ◇期間:平成30年12月25日(火曜日)~平成31年1月18日(金曜日) 8時30分~17時
              (土・日、祝日、年末年始(12/29~1/3)を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
              (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

 ◇内容

  『近畿地域の麦のご紹介』と題して、近畿地域の麦の生産の状況(作付面積、収穫量、作付品種)及び近畿産麦を使った製品をパネル展示によりご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/181211.html

 

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 平成30年産なたね(子実用)の作付面積及び収穫量(全国)
  • 平成29年農業総産出額及び生産農業所得(全国)
  • 平成29年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)
  • 平成29年農業産出額及び生産農業所得(近畿)
  • 平成30年産水稲市町村別収穫量(近畿)野生鳥獣資源利用実態調査(平成29年度)(全国)

    詳しくはこちら
    http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2018.html
     
 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

  今年は、地震や風水害などが各地で発生し自然災害の多い年でした、改め
て被災された全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。
  先日、平成30年度 第2次補正予算が閣議決定され、被災農業者向け経営体
育成支援事業などが盛り込まれました。
  今後も、被災された方が一日も早く経営再開できるよう、関係施策の内容
をお知らせするなど、引き続き支援に取り組んで参ります。
  来年は、穏やかな一年になりますように願っております。
  今回が近畿アグリレターの年内最後の配信になります。1年間、ご愛読い
ただきありがとうございました。


 

☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060