このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿アグリレター Vol.333 2019年2月22日

目次

1.農政の動き

〇米に関するマンスリーレポート(平成31年2月号)の公表について
〇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成31年1月)

2.お知らせ
 <各種表彰> 

〇世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域の決定について
〇「平成30年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」近畿農政局長賞等の受賞者決定のお知らせ
〇「平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰」における受賞者決定のお知らせ

 <募集・案内> 

〇平成30年度近畿地域未来につながる持続可能な農業推進シンポジウムの開催について
〇G20大阪サミット交通総量抑制連絡会からのお知らせ

 <フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」2~3月展示(地理的表示(GI)保護制度)のご案内(再掲)

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果
 


1.農政の動き

〇米に関するマンスリーレポート(平成31年2月号)の公表について

  米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成31年2月号)」を取りまとめましたのでお知らせします。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190208.html

〇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成31年1月)

  平成31年1月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,709円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で24万トンとなっています。
  産地銘柄別の相対取引価格・数量については、農林水産省ホームページをご覧ください。

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190215.html

 

2.お知らせ

<各種表彰>

〇世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域の決定について

  農林水産省は、平成31年1月24日に行われた世界農業遺産等専門家会議の評価結果を踏まえ、世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域を決定しました。
  近畿農政局管内では以下の3地域が決定されました。

世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行った地域

【滋賀県】
申請地域名 滋賀県琵琶湖地域
団  体  名 琵琶湖と共生する滋賀の農林水産業推進協議会
システムの名称 森・里・湖(うみ)に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システム

【兵庫県】
申請地域名 兵庫県兵庫美方地域
団  体  名 「美方郡産但馬牛」世界・日本農業遺産推進協議会
システムの名称 兵庫美方地域の但馬牛システム

 

日本農業遺産の認定を行った地域

【和歌山県】
申請地域名 和歌山県海南市下津地域
団  体  名 下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会
システムの名称 下津蔵出しみかんシステム

 ◇今後の予定

  世界農業遺産への認定申請を承認した地域については、今後、国連食糧農業機関(FAO)へ認定申請を行い、FAOにおいて認定審査を受けることとなります。
  日本農業遺産に認定した地域については、4月19日(金曜日)に農林水産省講堂で認定式を行う予定です。
  なお、世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定に関する次回公募は、2020年早々を予定しています。

==お問い合わせ先=
農村振興部 農村環境課  電話 075-414-9052

詳しくはこちら(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/kinki/press/keikaku/shigen/190215.html

〇「平成30年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」近畿農政局長賞等の受賞者決定のお知らせ

  近畿農政局は、「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の応募者から、平成30年度の近畿農政局長賞等の受賞者を決定しました。
  平成31年3月20日(水曜日)に京都府京都市において受賞者の「表彰式」を含む「シンポジウム」を開催します。

近畿農政局長賞

【GAP部門】
府県名 市町村名 受賞者の名称
滋賀県
高島市 有限会社 エコ農業ニシサカ
京都府 南丹市 京都府立農芸高等学校

 

【有機農業・環境保全型農業部門】
府県名 市町村名 受賞者の名称
滋賀県 草津市 株式会社 アグリケーション
大阪府 羽曳野市 有限会社 なかむら農園
兵庫県 香美町 JAたじま村岡米生産組合

 

近畿地域環境保全型農業推進連絡会議会長賞

【有機農業・環境保全型農業部門】
府県名 市町村名 受賞者の名称
滋賀県 長浜市 吉田 道明 氏
京都府 舞鶴市 あぐり・すりーえす

 

==お問い合わせ先==
生産部 生産技術環境課  電話  075-414-9722

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/kankyo/190221.html

〇「平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰」における受賞者決定のお知らせ

  農林水産省の補助を受け、野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社は、今般、「平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰」の農林水産大臣賞及び食料産業局長賞の受賞者を決定しました。
  近畿農政局管内では2事業者が受賞されました。
  平成31年3月15日(金曜日)に東京都で開催する「GFP輸出拡大フォーラム」において受賞者を招いて表彰式典を行います。

【農林水産大臣賞】
府県名 市町村名 事業者の名称
和歌山県 かつらぎ町 築野食品工業株式会社

 

【食料産業局長賞】
府県名 市町村名 事業者の名称
滋賀県 竜王町 有限会社澤井牧場

 

==お問い合わせ先==
経営・事業支援部 地域連携課  電話  075-414-9101

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/190220.html

 

<募集・案内>

〇平成30年度近畿地域未来につながる持続可能な農業推進シンポジウムの開催について

  近畿農政局は、近畿地域において、持続可能な農業の確立を目指し意欲的に経営や技術の改善に取り組んでいる生産者を表彰し、その取組を紹介することによって、関係者の意欲を喚起し、理解を深めることを目的にシンポジウムを開催します。
  シンポジウムでは、受賞者に取組事例を発表していただきます。
  有機農業を始めとする環境保全型農業や GAPにご関心のある生産者、流通業者、行政等の皆さまのご参加をお待ちしています。

 ◇日時:平成31年3月20日(水曜日
           13時00分~16時00分

 ◇場所:ホテルルビノ京都堀川 平安の間
         (京都府京都市上京区東堀川通下長者町下ル3-7)

      ◇内容:
       ・平成30年度近畿地域未来につながる持続可能な農業優良事例表彰式
       ・受賞者による取組事例紹介

 ◇定員:150名程度(参加無料)

 ◇申込み方法

  参加を希望される方は、3月13日(水曜日)までに、「参加申込書」に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込み下さい。  

  ==お問い合わせ先==
  生産部 生産技術環境課  電話  075-414-9722

      詳しくはこちら
      http://www.maff.go.jp/kinki/press/kankyo/190221.html


〇G20大阪サミット交通総量抑制連絡会からのお知らせ

  G20大阪サミット開催両日(2019年6月28日・29日)及びその前後の計4日間については、高速道路や大阪市内を中心に頻繁かつ長時間にわたる交通規制の実施が予想されます。期間中は、マイカー利用の自粛、業務用車両の運行調整、行催事の日程調整など、削減目標の達成に向けて、皆さまのご理解・ご協力をお願いします。
  なお、実際の交通規制の具体的な内容等については、警察において検討が行われているところです。

  交通規制エリアが決まれば、大阪府警察ホームページ等で公表されます。

詳しくはこちら
大阪府警察
  https://www.police.pref.osaka.lg.jp/sogo/topic/7402.html

 

<フォトレポート>

〇近畿農政局管内で頑張る生産者・事業者の方々などを写真で紹介しています。

3.消費者の部屋

〇近畿農政局「消費者の部屋」2~3月展示(地理的表示(GI)保護制度)のご案内(再掲)

  近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示は、『地理的表示(GI)保護制度』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 ◇テーマ:地理的表示(GI)保護制度

 ◇期間:平成31年2月18日(月曜日)~3月8日(金曜日) 8時30分~17時
              (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

 ◇場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
         (京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町)

 ◇内容

  今回の「消費者の部屋」特別展示では、地理的表示(GI)保護制度について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

==お問い合わせ先==
消費・安全部 消費生活課  電話 075-414-9761

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/press/syouhi/seikatu/190118.html
  

4.統計情報

〇平成30年度 農林水産統計公表予定及び公表結果

  • 平成30年産日本なし、ぶどうの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)
  • 平成30年産そば(乾燥子実)の作付面積及び収穫量(全国)
  • 平成30年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)(全国)
  • 平成29年林業産出額(全国)

詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/kinki/toukei/toukeikikaku/yotei/2018.html

     
 農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています

◆「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
◆特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
 

∞*編集後記*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞ 

  立春から2週間が経ち、日が長くなったのを実感するようになりました。
予報では向こう1ヶ月の近畿地方の気温は高い日が多いようで、春を感じる
ことができるのかなと思っています。
  今年も3月1日から、春の農作業安全確認運動が始まります。今年の重点テ
ーマは「まずはワンチェック、ワンアクションで農作業安全」です。農業機
械の操作や高所作業時は、ヘルメットやシートベルトの装着、動きやすい服
装の着用等、作業者同士や家族の方からのチェック・声かけで、農作業事故
を防止しましょう。

  詳しくはこちら
  http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/#運動


 

☆配信停止、メールアドレス等変更には御登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をお願いします。


☆配信中止・配信メールアドレスの変更・バックナンバーの閲覧は、
  ⇒ http://www.maff.go.jp/kinki/pr/mmg/index.html

☆近畿アグリレターに関するご意見・ご要望は、
  ⇒ https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1209.html
までお願いします。

編集・発行

近畿農政局 企画調整室
〒602-8054 京都府京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町
電話:075-451-9161(内線2122) FAX:075-414-9060

 

 

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9037
FAX:075-414-9060