このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

「食肉情報出張講座~国産食肉の安全・安心の確保について~」を開催します

  • 印刷
平成29年10月23日
近畿農政局
  日本国内における鳥インフルエンザの発生や、BSEに係る検査態勢の見直し等を背景に、消費者における食の安全に対する関心がいっそう高まり、生産現場における処理状況等「国産食肉の安全確保に係る的確な情報提供」が強く求められている。
  一方、生産者や食肉流通業者からは、そういった消費者の関心に正しく応えていくために、牛肉を主な対象とした「国産食肉の信頼確保に向けた情報発信」が望まれている。
  さらに近年は、フードチェーン全体の衛生管理の見える化を図り、さらなる食品の安全性の向上につなげるため、食品衛生管理の国際基準であるHACCPによる衛生管理の定着が進められていることを踏まえ、「国産食肉の安全・安心の確保」をテーマとし、学識経験者等から食肉に係るHACCP制度の取り組みについて情報提供を行う。

1.開催日時

平成29年11月27日(月曜日)13時30分~16時30分

2.開催場所

ホテル セントノーム京都  平安の間
 京都市南区東九条東山王町19-1
 TEL 075-682-8777(代表)

3.内容

  1. 基調講演
    「食肉の危害分析重要管理点方式(HACCP)について」
       岩手大学名誉教授    品川邦汎 氏

  2. 現地報告
    ・「HACCP構築までのあゆみ」
        神戸中央畜産荷受株式会社  常務取締役    岩下利博 氏

    ・「大吉商店のHACCPについて」
        大吉商店株式会社  代表取締役社長    永谷武久 氏

4.主催

  近畿農政局、公益財団法人日本食肉消費総合センター

5.参集範囲

  消費者、食肉流通業者、生産者、行政等  100名程度

6.申し込み方法

  聴講をご希望の方は、添付の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXにて、生産部畜産課(FAX:075-451-5337)あてお申し込みください。
  なお、お預かりした個人情報は、お申し込みの受付や必要なご連絡のために使用し、その他の目的には一切使用しません。
  また、応募が多数の場合にのみ、参加をお断りするためのご連絡を差し上げます。

申込〆切:平成29年11月20日(月曜日) 

添付資料

開催要領(PDF : 55KB)
チラシ(申込用紙)(PDF : 1,643KB)

お問合せ先

生産部畜産課

代表:075-451-9161(内線2382)
ダイヤルイン:075-414-9022
FAX番号:075-451-5337

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader