ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 米粉まつり2013~米粉の未来を考えよう~


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年5月8日

近畿農政局

米粉まつり2013~米粉の未来を考えよう~

水田を有効活用し食料自給率の向上を図るため、近畿農政局では近畿米粉食品普及推進協議会と連携し、米粉利用の推進に取り組んでいます。
 この度、近畿米粉食品普及推進協議会では、米粉の需要拡大を図るため「米粉まつり2013~米粉の未来を考えよう~」を開催し、シンポジウム、米粉食品等の展示・試食・販売、米粉料理教室を行いますのでご案内します。

1開催日時

平成25年6月9日(日曜日)
  (1)米粉シンポジウム13時00分~       15時30分
  (2)米粉食品等の展示・試食・販売   11時00分~16時00分
  (3)米粉料理教室                                  10時00分~12時30分

2開催場所

神戸市立六甲道勤労市民センター
神戸市灘区深田町4丁目1番39号(メイン六甲Aビル4・5階)

3米粉シンポジウムプログラム

(1)報告

米粉食品の普及推進状況について
瀧尾佳明 協議会副会長(元グリコ栄養食品株式会社顧問)

(2)米粉トークライブ

テーマ:米粉の未来に何が大切か
米粉普及を始めて10余年、今では「米粉」を見ない日はないほどの普及をとげました。しかし、今だからこそ未来に向けての問題点も現れてきました。
 米粉の関係者がその対策をともに考えます。
足立整氏(近畿農政局生産部生産振興課長)
坂本廣子協議会会長(食育・料理研究家農林水産技術会議委員)
瀧尾佳明協議会副会長(元グリコ栄養食品株式会社顧問)
岡野英幸協議会理事(全国穀類工業協同組合理事奈良県支部長)

4定員

150名

5入場料 

無料

6主催・後援

主催:近畿米粉食品普及推進協議会
後援:近畿農政局
(申請中)
兵庫県、ごはんを食べよう国民運動推進会議、米粉プロジェクトKYOTO、滋賀県農業協同組合中央会、京都府農業協同組合中央会、大阪府農業協同組合中央会、兵庫県農業協同組合中央会、奈良県農業協同組合中央会、和歌山県農業協同組合中央会、(一社)大阪外食産業協会、滋賀県食品産業協議会、(一社)京都府食品産業協会、(一社)兵庫県食品産業協会、和歌山県食品産業協議会

7申込方法

<添付資料>米粉シンポジウム、米粉料理教室は「米粉まつり2013開催チラシ(参加申込書)」により近畿米粉食品普及推進協議会事務局(TEL・FAX075-662-2289E-mail:info@riceflour.jp)へお申込ください。
・米粉まつり2013開催チラシ(参加申込書)(PDF:572KB)

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産部生産振興課
担当者:流通改善係 村上 新谷
代表:075-451-9161(内線2347)
ダイヤルイン:075-414-9020
FAX:075-414-9030

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集