このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

近畿農政局「消費者の部屋」5月展示(食品トレーサビリティ)のご案内

  • 印刷
平成29年4月20日
近畿農政局
近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
今回の「消費者の部屋」特別展示は、『食品トレーサビリティ』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

1.展示テーマ

  食品トレーサビリティに取り組みましょう!

2.展示期間

  平成29年5月9日(火曜日)~5月24日(水曜日)8時30分~17時
  (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)

3.展示場所

  近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
  京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町
  市営地下鉄「丸太町駅」下車徒歩約15分(京都府庁西隣り)

4.展示概要

  農林水産省では、食品トレーサビリティの普及促進に取り組んでいます。
  食品トレーサビリティとは、食品がどこから来て、どこへ行ったかがわかるようにしておくことです。具体的には、食品の移動ルートを把握できるよう、生産、加工、流通等の各段階で商品の入荷と出荷に関する記録等を作成・保存しておくことです。
  食品トレーサビリティは、食品の安全性等に問題が発生した場合に、問題のある食品とその流通範囲を迅速に特定する手法として重要です。範囲を絞った回収ができ、原因究明も進めやすくなります。
  今回の「消費者の部屋」特別展示では、食品トレーサビリティについて、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。
  ・食品トレーサビリティの仕組みについて
  ・食品トレーサビリティの普及促進方策について
  ・食品事業者の取組状況及び導入事例について
  添付資料(展示内容のチラシ)もご覧ください。

5.参考

  食品のトレーサビリティ(農林水産省ホームページ)
  http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trace/index.html

添付資料

  食品トレーサビリティに取り組みましょう!(展示内容のチラシ)(PDF : 286KB)

お問合せ先

消費・安全部消費生活課
担当者:(消費者の部屋については)
米田、片岡
代表:075-451-9161(内線2214)
ダイヤルイン:075-414-9761
FAX番号:075-417-2149

消費・安全部消費生活課
担当者:(展示内容については)
長谷、壷井
代表:075-451-9161(内線2211)
ダイヤルイン:075-414-9771
FAX番号:075-417-2149