このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

平成28年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(近畿)

  • 印刷
平成29年2月14日
近畿農政局
平成28年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量について、以下のとおり近畿の結果を取りまとめましたのでお知らせします。

調査結果の概要

茶の摘採実面積は、京都府は1,420haで、前年産に比べ10ha(1%)増加、奈良県は637haで、前年産に比べ11ha(2%)減少しました。
生葉収穫量は、京都府は1万4,400tで、前年産並み、奈良県は7,130tで、前年産に比べ50t(1%)増加しました。
荒茶生産量は、京都府は3,190tで、前年産並み、奈良県は1,720tで、前年産に比べ20t(1%)増加しました。

添付資料

平成28年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(近畿)(PDF : 226KB)

お問合せ先

統計部生産流通消費統計課

担当者:丸山、中野
代表:075-451-9161(内線2653)
ダイヤルイン:075-414-9650
FAX番号:075-417-2067

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader