header
京都 トレジャーナビ
トレジャーナビ
橋寺(はしでら)
line
所在地 :京都府宇治市宇治東内11
橋寺
写真提供:宇治市商工観光課
宇治川の東岸にある橋寺は、正式名を放生院常光寺といい、聖徳太子の命により秦河勝(はたのかわかつ)が創建したと伝えられています。長い間、宇治橋の管理を行なっていたため、「橋寺」の通称で広く知られています。
 境内には「宇治橋断碑(うじばしだんび)」と呼ばれる宇治橋創建の経緯が記された石碑が建っています。「断碑」とは断絶した碑文という意味で、江戸後期の1791年、寺の近くの地中から、石碑の上部、三分の一だけが発見されたため、そう呼ばれています。
  現在では、「帝王編年記」に記された碑文の全文に基づいて、残りの三分の二が復元されていますが、見た目にもはっきりと分かる継ぎ目が残っています。この碑文の内容から、宇治橋の架橋は、大化2年(646)のこととされています。
line
みどころ
 「宇治橋断碑」は、現存する日本最古の石碑といわれており、国の重要文化財に指定されています。群馬県の「多胡碑(たこのひ)」、宮城県の「多賀城碑」とともに、日本三古碑に数えられています。
関連リンク
リンク 宇治探訪(宇治市商工観光課)
http://hananoen.city.uji.kyoto.jp/spotlist/
index3.html 
 
リンク 関西デジタル・アーカイブ(財団法人関西情報・産業活性化センター)
http://www.kiis.or.jp/kansaida/uji/uji05.html
リンク 源氏ロマン京都宇治Web Guide
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/uji-web/hashitera.html
line
トレジャーナビ トップページへ 閉じる
近畿の水土里を次世代に