header
滋賀 トレジャーナビ
トレジャーナビ
姉川と妹川(あねがわ と いもうとがわ)
line
所在地 :滋賀県東浅井郡びわ町大字落合
姉川と妹川
写真提供:滋賀県広報課
琵琶湖へ注ぐ姉川と、その支流、高時川は、湖北地方を流れる代表的な川です。高時川は、「妹川」とも呼ばれており、古くからこの地を潤してきたこの2つの川には、その名前にまつわる民話が残っています。
 「昔、伊吹山に降り続いた雨は、半年間にも及び、山の中腹には、今にも溢れそうな大きな池ができました。池が溢れれば、ふもとの村々は一巻の終わり。2人の姉妹は、村人たちを救うため、神さまに祈り、自ら犠牲となって池に身を投じたといいます。
 不思議なことに、姉妹は二匹の龍となって池から現れ、伊吹山を下っていきました。二匹の龍が通った道は川となり、池の水を流し始めます。姉の龍が通った道は「姉川」と、妹の龍が通った道は「妹川」と呼ばれるようになりました。2つの川沿いにできた平野では、お米や野菜がたくさんとれるようになったといいます。」
 その身をかけて、村々を洪水から救ったこの姉妹の物語は、地元ではよく知られており、子どもから大人まで親しまれています。
line
みどころ
 2つの川が合流する地点は、琵琶湖の北部東岸、びわ町の落合地区です。「落合」の地名は、民話の中で、別々の道を下っていった姉の龍と、妹の龍が再び出会えたことに由来しているといわれています。
関連リンク
リンク 滋賀県の風景(滋賀県広報課)
http://www.pref.shiga.jp/minwa/59/59-01.html
リンク

滋賀の風景−民話「姉川と妹川」(滋賀県広報課)
http://www.pref.shiga.jp/minwa/59/59-movie.html

line
トレジャーナビ トップページへ 閉じる
近畿の水土里を次世代に