header
滋賀 トレジャーナビ
トレジャーナビ
むかで山伝説(むかでやまでんせつ)
line
所在地 :滋賀県野洲市三上
むかで山伝説
野洲川から望む三上山
琵琶湖の南部にそびえ立つ三上山は、標高は400mほどの小山ですが、円すい状の美しい姿から、近江富士と呼ばれ親しまれてきました。この山は、ムカデ退治の伝説が残っていることから、「むかで山」とも呼ばれています。
 「その昔、田原藤太秀郷(たわらのとうたひでさと)は、瀬田の唐橋(せたのからはし)の下に住んでいた竜神に、三上山で暴れているムカデを退治して欲しいと頼まれました。藤太は、矢で眉間を狙うと、見事その巨大なムカデを仕留めます。竜神はとても喜び、米俵や錦など、たくさんの宝物を藤太に送りました。この時、贈られた米俵からは、いつまでも米が出続け、藤太は、「俵藤太(たわらのとうた)」と呼ばれるようになりました。」
 この伝説は、平安時代中期、東国で乱を起こした平将門を打ち破った英雄、田原藤太秀郷を賞賛するために生まれたもので、ムカデは平将門を見立てたものだともいわれています。
  俵藤太は、現在、「藤原秀郷命」の名で、大津市にある瀬田橋竜宮の祭神として祀られています。この神社は、伝説の竜神が住んでいた瀬田唐橋のたもとに建っています。
line
みどころ
 野洲川の下流には、かつて幾多もの河道が存在していました。この流路の痕跡は、幾筋もの土の盛り上がりとなって残り、三上山の山頂から見ると、巨大なむかでが琵琶湖に這い出していくようにも見えたといいます。三上山を七回り半もしたというこの巨大なむかでの伝説は、このような光景から生まれたのかも知れません。
関連リンク
リンク

野洲市観光物産協会
http://homepage3.nifty.com/ohmifuji/
oumifuji.html

リンク

滋賀県学習情報提供システム におねっと(滋賀県教育委員会事務局生涯学習課)
http://www.nionet.jp/taikenkan/kataribe/
ohanashi22/22.html

リンク

滋賀県の風景(滋賀県広報課)
http://www.pref.shiga.jp/minwa/11/
11-movie.html

line
トレジャーナビ トップページへ 閉じる
近畿の水土里を次世代に