. 亀岡のみちくさトリビア
ウィンドウを閉じる
他のトリビアはこちらから
.

名を変えて流れる桂川
なをかえてながれるかつらがわ

大堰川(桂川)亀岡市千代川町付近
大堰川(桂川)亀岡市千代川町付近
 桂川は地域によって名称を変える川として知られています。明確に区切られるわけではありませんが、水源から下流まで、上桂川(大堰川)、大堰川、保津川、大堰川、桂川(梅津川)と順に呼び名を変えていくようです。

 亀岡市域では、おおむね上流部では大堰川、保津峡付近からは保津川と呼ばれています。大堰川の呼び名は、この川にいくつもの堰が設けられていたことや、古代、秦氏が京都の嵐山付近に大きな堰を築いたことなどに由来しているといわれています。いずれにしても農業と関わりの深い呼び名のようです。

 保津川の呼び名も、古くからこの付近が、都へ木材を流すための港(津)であったことと無関係ではないでしょう。呼び名一つみても、この地に住む人々にとって、桂川がどれだけ暮らしに密着した川であったかがうかがえます。
line
トップページへ 閉じる
.