. 湖北のみちくさトリビア
ウィンドウを閉じる
他のトリビアはこちらから
.

湖北の「おこない」
こほくのおこない

湖北町延勝寺のおこない
湖北町延勝寺のおこない
(写真提供:湖北町役場)
 この地では、厳冬の時期、村々で「神事(おこない)」の行事が今も連綿と続いています。東大寺の「お水取り」などと共通する法会の一種で、豊作を祈る農耕儀礼が民俗行事となったものといわれています。この「おこない」の行事は全国にありますが、特に湖北は盛んであり、もとは観音様を主体とした儀式であったようです。湖北の「おこない」は、民俗学の研究として多くの論文になっています。

 「1月から3月にかけて湖北地方では「おこない」と呼ばれる神事が村ごとに行なわれます。起源は東大寺の修二会に準じたお正月の法要とされ、雪深い湖北地方の村の年頭行事として村人たちの結びつきを強め、五穀豊穣を祈る祭りとなっていったといわれています。
 おこないの形式は、村により少しずつ違いますが、大きな鏡餅を搗き、「まいだま」といわれる餅の花を作ります。鏡餅は、先祖の御霊を表しており、鏡割りをして村人に配られ、食することで一年の幸福を願います。「まいだま」は、木の枝に餅をつけて稲穂をかたどり、豊作を祈願するまじないと考えられています。人々の生活様式の変遷により年々簡素化されていますが、湖北町では、延勝寺のおこないが盛大に行なわれています」(『湖北町役場サイト』より)。
line
トップページへ 閉じる
.