. 湖北のみちくさトリビア
ウィンドウを閉じる
他のトリビアはこちらから
.

余呉湖の羽衣伝説
よごこのはごろもでんせつ

天女が羽衣をかけたという柳
天女が羽衣をかけたという柳
 昔、天女が白鳥の姿になって余呉湖に舞い降り、湖の畔の柳の木に羽衣をかけて水浴していたところ、伊香刀美という人が白犬を使って末女の羽衣をかくしました。天女は羽衣が無くては天に帰ることができないため、仕方なく伊香刀美の妻となって二男二女を生みました。その子供たちが湖北地方の古代豪族の伊香氏の祖先と伝えられています。

  また、別の説では、天女は余呉の豪士である桐畠太夫の妻となって一男をもうけた後に、羽衣を見つけて天に帰ったといいます。残された幼児は母が恋しく泣き続け、その泣き声が法華経の様に聞こえたことから、菅山寺の僧によって引き取られます。ある時、菅原是善卿という貴族が菅山寺へ参詣に訪れた時に、男の子が優れているのを目にし、養子として引き取り、京都で養育します。その後、成人したその男の子が菅原道真であると言い伝えられています。
line
トップページへ 閉じる
.