事業
contens はじめに 国営第二十津川紀の川土地改良事業 国営大和紀伊平野土地改良事業 事業概要
1.はじめに

 十津川紀の川総合開発事業の一環として、国営十津川紀の川土地改良事業等で造成されたの農業水利施設(ダム、頭首工、農業用水路など)は、大和・紀伊両平野の農業の発展と地域の貴重な水源の確保に大きな役割を果たしてきました。しかし、これらの農業水利施設は築造後相当な年月が経過し、老朽化による機能低下が著しく、安定的な農業用水確保が困難なうえ、補修等の維持管理に多くの労力を費やしています。
 また、両平野では、都市化の進展により農地面積がスプロール的に減少しているとともに、近年の農業を取り巻く情勢の変化等に伴い、土地利用、営農状況、農業用水の需給動向にも変化が生じていることから、施設機能もこれに効果的に対応することが急務となっています。
 このため、時代に即応した農業用水を安定確保するとともに、都市化に伴う地域の水需要に対しても、今後とも安定的に供給を図る観点から、水利用計画の見直しや老朽化した施設の改修整備、水管理の合理化等を図るため、国営第二十津川紀の川土地改良事業及び国営大和紀伊平野土地改良事業を実施するものです。

事業の基本構想
・安定通水を図るため、老朽化及び機能低下した施設の改修整備
・水資源の有効利用や適正な水管理を行なうため、水管理施設の改修整備
・土地利用及び営農形態の変化等に対応するため、農業用水利用計画の変更
・都市化に伴う地域の水需要に対応するため、農業用水の合理化
2.国営第二十津川紀の川土地改良事業
 ダム、頭首工等の基幹的農業水利施設の改修を行ない、施設機能の維持及び安全性を確保して、営農形態の変化に対応した用水の安定供給に努め、農業生産の維持を図るものです。(平成11年着工)
3.国営大和紀伊平野土地改良事業
 大和平野及び紀伊平野において、農業用水路などの整備を行なうことにより、農業用水の安定供給を図るとともに、併せて、この結果生み出される余利水を新たに都市化に伴う地域の水道用水などに活用し、地域の水資源の有効活用に資するものです。
老朽化及び機能低下した施設
老朽化及び機能低下した施設
老朽化及び機能低下した施設
BACK NEXT