ホーム > 基本政策 > 近畿の農業・農村の6次産業化 > 高付加価値農業(6次産業化を含む)を実践している取組150事例 > (有)ミルクファーム伊吹 (長浜市)


ここから本文です。

(有)ミルクファーム伊吹(長浜市)

取組概要

 ミルクファーム伊吹は、雄大な伊吹山を望む絶好の場所にあります。

 県内の酪農農家が生産する生乳をJA全農滋賀経由で仕入れ、新鮮な伊吹牛乳やヨーグルト、アイスジェラート、プリン、肉まん(冬期)等の加工・製造を行っています。直売所やスーパー、道の駅、サービスエリア等で販売する他、牛乳は湖北地域の学校給食にも納入しています。

 平成9年の地元JAの合併にあわせ、JA等が出資して牛乳加工販売部門を法人化。同時期に、補助事業も活用しながら牛乳加工工場を設立しました。

 10年にアイスジェラート、11年にヨーグルト、さらに20年にはプリンを商品化し、アイテム数、製造量ともに増加してきました。

 牛乳は、低温殺菌等こだわりを持った製法を採用し、他社製品の流通価格と比べて高価格であるものの、消費者の支持を得ています。

また、小学生から一般のお客様を対象に、バター手作り体験の実習も行っています(有料・要予約。人数や曜日等の制限が有ります)。

取組の様子取組の様子

 

課題

 小規模経営のため資金力、人員に限りがあり、新技術の取得にも時間を要します。このため、加工技術の取得のために講演会に参加したり、外部講師を招く等経費低減に努めながら対応してきました。

 

地域活性化への貢献

 原材料は県内の酪農農家が生産する生乳を使用し、安定的に受け入れることができています。

 従業員は常勤5名、パート5名を雇用しています。

 売上高は約2億1千万円(21年度)で、うち牛乳が1億6千万円となっています。

取組の様子取組の様子

 

将来展望

年に1品程度は新製品の商品化を行っていきたいと考えています。

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
担当者:6次産業化担当
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX:075-414-7345