ホーム > 基本政策 > 近畿の食と農に係るインバウンドの推進 > 先駆的事例


ここから本文です。

平成27年7月

企画調整室

先駆的事例

    近畿農政局管内において、地域資源の活用、訪日外国人の受入れ体制の整備及び関係者との連携等、食と農のインバウンドに先駆的に取り組んでいる事例についてご紹介します。

*個別の事例は以下をご覧ください

生産者団体の主体型

京都おぶぶ茶苑合同会社(京都府和束町)

 

2. 「JAの直売所として全国に先駆け免税店の登録」(PDF:526KB)

めっけもん広場(和歌山県紀の川市)

 

3. 「都市農村交流における訪日外国人の受け入れ(PDF:369KB)

農業法人株式会社秋津野(和歌山県田辺市)

実需者・消費者段階の主体型

4. 「京都の観光資源を活用し、伏見の酒へいざない」(PDF:316KB)

月桂冠株式会社(京都府京都市伏見区)

 

5. 「いけばな文化により国際的な交流へ展開」(PDF:306KB)

華道家元池坊(京都府京都市)

 

6. 「茶道を通じて日本文化を世界に発信」(PDF:322KB)

茶道裏千家(京都府京都市)

 

7. 「訪日外国人の増大に伴う商店街の受け入れ体制強化」(PDF:313KB)

黒門市場(大阪府大阪市中央区)

 

8. 「姫路城近隣で瀬戸内海の海鮮料理を提供」(PDF:334KB)

有限会社  播磨海洋牧場(兵庫県姫路市)

関係機関からなる協議会型

一般社団法人近江日野交流ネットワーク(滋賀県日野町)

 

 

お問い合わせ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX:075-414-9060

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集