ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 京都産地一覧 > 万願寺とうがらし(京のブランド産品)


ここから本文です。

万願寺とうがらし(京のブランド産品)

万願寺とうがらし 京のブランド産品 万願寺とうがらし(京ブランド)
主な収穫・出荷時期

5月上旬~9月中旬
主な産地

舞鶴市、綾部市、福知山市

  大正末期から昭和初期に舞鶴市万願寺で誕生したと伝えられ、舞鶴地方のみに流通していました。血統は明らかでありませんが、形状、肉質などから伏見群とカルフォルニア・ワンダー系との交配と推定されます。
 果実は大型で長さ15cm、重さ15g程度の中晩生種で、果肉はピーマン並みに分厚くて軟らかく甘味があり、種子も少なく、独特の風味があるため、煮ても焼いてもおいしくいただけます。(最終更新:平成21年11月)
万願寺とうがらし 栽培の様子
万願寺とうがらし 栽培の様子


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集