ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 京都産地一覧 > 聖護院だいこん(京のブランド産品)


ここから本文です。

聖護院だいこん(京のブランド産品)

聖護院だいこん 京のブランド産品 聖護院だいこん(京ブランド)
主な収穫・出荷時期

10月下旬~2月下旬
主な産地

城陽市、久御山町(御牧)
亀岡市(篠)、京丹後市

 文政年間(1818~1830)に、愛宕郡聖護院(現在の左京区聖護院)に住む篤農家が尾張の国から黒谷の金戒光明寺に奉納された長だいこんをもらい受け、採種を続けるうちに丸形の固定した品種が育成されたのが始まりと言われています。
 煮崩れしにくく、また、甘くて苦みが少ないので、主に煮物用に利用されます。 (最終更新:平成21年11月)
聖護院だいこん
聖護院だいこん


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集