このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

果樹経営支援等対策

果樹産地の収益力の強化と農業者の経営安定を図る観点から、高品質果実の生産・供給体制の強化を図るため、農地中間管理機構も活用しつつ、優良品目・品種への改植及び未収益期間に対する支援を実施します。
あわせて、園内道整備、傾斜の緩和等による園地の基盤整備や生産性の向上を図る取組に対する支援等を推進します。

事業実施期間:平成28年度から32年度

事業実施主体:農業者、農業者団体、農地中間管理機構 等

 果樹経営支援対策事業

整備事業(生産基盤の改善) (補助率:定額又2分の1以内)

  • 高収益が見込める優良品目・品種への改植・高接・新植に要する経費に対する支援
【改植】 (補助率:定額又は2分の1以内)
みかん等のかんきつ類:23万円/10a
りんご等の主要落葉果樹等:17万円/10a
りんごわい化栽培等:33万円/10a
その他果樹:2分の1以内

※生産基盤の拡大や作業性の向上等を図るため、農地を集約し急傾斜地から平地等に移動して改植を行う際等、園地整備に伴い追加的な土壌改良経費を要する場合には、2万円/10aを加算(拡充)

  • 小規模基盤整備等に要する経費に対する支援
【小規模基盤整備(園内道の整備、傾斜の緩和、土壌土層改良)、点滴かん水施設設置等】 (補助率:2分の1以内)


<品目・品種転換>

 改植

 <小規模園地整備>

 園地整備


推進事業(生産構造の改革) (補助率:定額又2分の1以内)

  • 園地集積、荒廃農地の発生抑制情報システムの構築
  • 果実供給力維持のための担い手・樹体等の情報集約及び検討
  • 産地キャリアプランの策定・研修支援
  • 労働力調整システムの構築
  • 大苗育苗ほの設置
  • 新技術の導入・普及の支援
  • 販路開拓・ブランド化の推進強化
  • 輸出促進に向けた取組の実証

 労働生産性の向上を図る取組の強化(30年度新規)

ICT活用による省力的なほ場管理技術や省力的な栽培技術(ジョイント栽培等)の実証等に対する支援(補助率:定額)

※農地中間管理機構を活用して園地を集積し、産地の構造改革を進める「農地中間管理機構モデル地区が対象。

 果樹未収益期間支援事業

面積単価×支援年数を一括交付 22万円/10a(5.5万円/10a×改植の翌年から4年分)

※改植後の未収益期間(5年間)のうち、改植初年度を除いた4年間の果樹の育成経費の一部を定額で補助。
※果樹の改植1年目の諸経費は改植事業(果樹経営支援対策事業)で支援。

(参考1)未収益期間:5年程度(早期成園の場合)
(参考2)改植後の育成経費(肥料代など):11万円/10a程度



お問合せ先

生産部園芸特産課

担当者:果樹担当
代表:075-451-9161(内線2325、2369)
ダイヤルイン:075-414-9023
FAX番号:075-451-5337

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader