このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 

強い農業づくり交付金

国産農畜産物の高品質・高付加価値化、低コスト及び食品流通の効率化・合理化等、地域における生産から流通までの強い農業づくりに必要な共同利用施設の整備等を支援します。

 ※平成24年度から「経営力の強化」の取組が別事業に移行しています。

事業実施までの流れ

  1. 地域段階において、地域が抱える課題の解決に向けた事業実施計画と成果目標を設定します。
  2. 府県は、地域からの要望をとりまとめ、国に事業要望を行います。
  3. 国は、府県の事業要望をとりまとめ、成果目標の高さに応じて、各府県へ配分する交付金額を決定します。
  4. 府県は、国から配分された交付金額の範囲内で事業実施地区を選定し、府県事業実施計画を作成し国に提出します。このとき、成果目標の妥当性について国に協議します。
  5. 成果目標の妥当性の協議終了後、地域からの交付申請に対し府県が交付決定します。

助成対象となる施設等

乾燥調製施設や集出荷貯蔵施設などの耕種作物共同利用施設、畜産物処理加工施設や家畜飼養管理施設などの畜産物共同利用施設などが助成対象です。事業の詳細や要件につきましては、要綱・要領をご覧いただくか、近畿農政局、府県または市町村にお問い合わせ下さい。

実施要綱・要領等関係通知

以下の必要とする年度をクリックしてご覧下さい。

事業評価結果

強い農業づくり交付金では、目標年度における成果目標を設定し、その目標年度における成果目標の達成度等について評価を行います。

 


 

 

ページトップへ


お問合せ先

生産部生産振興課
担当者:地域指導官
代表:075-451-9161(内線2378)
ダイヤルイン:075-414-9020
FAX:075-414-9030

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader