このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「29年度飼料用米多収日本一」コンテストについて

飼料用米生産農家の生産技術の向上を目指し、多収を実現している先進的で他の模範となる経営体を表彰し、その成果を広く紹介する「飼料用米多収日本一」を一般社団法人日本飼料用米振興協会と農林水産省 の共催で実施します。 

近畿版「29年度飼料用米多収日本一」チラシ(PDF : 231KB)

平成29年5月1日(月曜日)より応募受付を開始します。

 「飼料用米多収日本一」実施要領

実施要領(PDF : 88KB)

  • 別紙1(飼料用米多収日本一ブロック事務局一覧)(PDF : 359KB)
  • (参考) 「飼料用米多収日本一」についてよく寄せられる質問と回答(PDF : 54KB) 

     

    参加資格

    1.  以下の要件を満たし平成29年産の飼料用米の生産を行っていること

    • ・経営所得安定対策等の交付対象者あるいはそれに相当する取組を行う者で、多収品種(下記2参照)をおおむね1ヘクタール以上作付けている
    • ・飼料用米の単収が地域の平均より相当程度高くなることが見込まれる
    • ・生産コスト低減に向けた取組等を行っている
    • ・区分管理方式により出荷し、生産面積及び出荷数量の確認を行うことができる
  •  2.  「多収品種」として対象となる品種

    (全県共通の「多収品種」)

    いわいだわら、えみゆたか、オオナリ、きたあおば、きたげんき、北瑞穂、クサノホシ、クサホナミ、タカナリ、たちじょうぶ、ふくひびき、べこあおば、べこごのみ、北陸193号、ホシアオバ、まきみずほ、ミズホチカラ、みなちから、みなゆたか、モグモグあおば、もちだわら、モミロマン、夢あおば、ゆめさかり

     

  • (府県別に対象となる「知事特認品種」: 平成29年4月13日現在)

     滋賀県
     京都府 あきだわら
     大阪府
     兵庫県 あきだわら、兵庫牛若丸
     奈良県
     和歌山県

    募集期間

    平成29年5月1日(月曜日)~平成29年6月30日(金曜日)

  • 応募方法

    1.  参加申し込み

    参加申込書に必要事項を記入し、営農計画書の写しとともに下記窓口まで提出してください。

     

     

    2.  生産数量報告

    参加申込者は、平成30年1月31日までに、生産数量報告書を作成し、根拠書類(水田活用の直接支払交付金における飼料用米、米粉用米の数量報告書等の写し)とともに、下記窓口まで提出してください。


    表彰

    審査委員会で優秀と認められた参加申込者には表彰を行います。
    表彰式は平成30年3月に東京において行う予定としています。(近畿農政局長賞は別途表彰)

     

    (表彰の区分)

    近畿管内においては、全国の6褒賞(農林水産大臣賞、政策統括官賞、全国農業協同組合中央会会長賞、全国農業協同組合連合会会長賞、協同組合日本飼料工業会会長賞、日本農業新聞賞)に加え、「近畿農政局長賞」を設定しました。

  •  


  • 応募・問い合わせ窓口

    (近畿ブロック事務局)

    近畿農政局生産部生産振興課 郵便番号 602-8054
    京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町
    (京都農林総合庁舎)
    電話 075-414-9020

     

     (事務局)


    参考

  • 経営所得安定対策等
  • 飼料用米生産コスト低減マニュアル [農林水産省へリンク]
  • 多収品種に取り組むに当たって-多収品種の栽培マニュアル- [農林水産省へリンク]

 

 

 

お問合せ先

生産部生産振興課
担当者:小林、岡野、井口
代表:075-451-9161(内線2315)
ダイヤルイン:075-414-9020

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader