このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

輸出先国の規制に対応するためのサポート体制整備事業

 

 農林水産省では、平成29年度から植物検疫や残留農薬など輸出先国の規制に対応した防除体系や栽培方法の確立に向けた取組への支援を行っています。
 生産者である皆様等の御相談に応じ、植物検疫や残留農薬等の専門家を現地に派遣しているほか、本年度からは、新たに外国人旅行者等が携帯品(おみやげ)として農産物を海外に持ち出すための検疫手続き円滑化の取組を行う産地等への支援も開始しています。
 平成29年度は、産地等からの要請に応じ、全国で22の産地等へ技術的なサポートを提供した結果、スムーズに輸出をすることができました。
 今年度も全国各地から多くの相談が寄せられています。
 専門家の派遣等に当たり、費用負担はありませんので、是非以下のサポート事務局サイト内の相談窓口に御連絡ください。

 
【輸出先国の規制に対応するためのサポートに係る相談窓口】
  一般社団法人全国植物検疫協会内  
  TEL:070-1187-1520  FAX:03-5294-1525

  詳細については、以下のURLをご参照ください。
  http://www.zenshoku-kyo.or.jp/consultation/(外部リンク)

 

お問合せ先

消費・安全部 安全管理課

ダイヤルイン:075-414-9035
FAX番号:075-417-2149