このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

畜産物の輸出検疫について

日本から海外へ肉製品などの畜産物を輸出する際には、量の多少や用途(個人用、販売用)、輸送手段(手荷物、貨物)にかかわらず、動物検疫所の輸出検査を受けていただく必要があります。
また、輸出相手国の受入条件は様々です。相手国によっては、日本からの持ち込みを認めていない場合がありますので、以下の動物検疫所のホームページをご参照下さい。掲載されていない国につきましては、相手国の大使館または家畜衛生当局に直接受入条件をご確認下さい。

畜産物を輸出する際の家畜衛生条件等(動物検疫所ホームページ) 

・偶蹄類の畜産物の輸出
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/exguuteirui2.html(外部リンク)

・家きんの畜産物の輸出
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/exkakin3.html(外部リンク)

・日本のおみやげ(肉製品など)
http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/sr1.html(外部リンク)

・(参考)日本から輸出される食肉の受入れ状況一覧
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/pdf/ex.pdf(外部リンク)

・日本からの動物及び畜産物の輸入停止を通知・発表している国・地域
http://www.maff.go.jp/aqs/topix/ex/suspension.html(外部リンク)

畜産物の輸出検疫相談窓口(動物検疫所ホームページ)

・動物検疫所企画管理部企画調整課
電話:045-751-5923FAX045-754-1729
http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aqex1.html(外部リンク)

・輸出する品目、国がお決まりの場合は、畜産物を輸出する予定の港、空港を管轄する動物検疫所にお問合せください。
http://www.maff.go.jp/aqs/sosiki/address.html(外部リンク)

お問合せ先

消費・安全部安全管理課
代表:075-451-9161
ダイヤルイン:075-414-9000
FAX:075-417-2149

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader