ホーム > 消費・安全 > 消費者の信頼確保 > 消費者団体等との意見交換 > 平成19年度 > GAP手法に関する意見交換会


ここから本文です。

GAP手法に関する意見交換会

議事次第

安全な農産物を食卓へ(GAP手法についての意見交換会)議事次第

 

日時:平成19年11月22日(木曜日)13時30分~16時30分

場所:新梅田研修センター

1.開会 13時30分~

 

2.挨拶 近畿農政局局次長 長岡洋

 

3.GAP手法についての情報提供 13時35分~14時55分

(1)「GAP手法(農業生産工程管理手法)の導入推進について」

農林水産省近畿農政局生産経営流通部農産課課長補佐 西原茂

(2)「安全安心安堵の農産物づくり」

兵庫六甲農業協同組合野菜生産者協議会会長河上卓磨

 (3)「滋賀県東近江市能登川地域のGAPの取り組み」

滋賀県東近江地域振興局環境農政部農産普及課主査 佐々木茂安

 (4)「食品事業者と農業者が取り組んだGAP手法について」

株式会社グリーンパッケージ代表取締役 西岡芳明


4.パネルディスカッション及び意見交換 15時10分~16時30分

 【コーディネーター】

農林水産省近畿農政局消費安全部消費生活課課長補佐 西川新吾

【パネリスト】

財団法人関西消費者協会啓発第二グループグループ長 金輪明美
兵庫六甲農業協同組合野菜生産者協議会会長 河上卓磨
滋賀県東近江地域振興局環境農政部農産普及課主査 佐々木茂安
株式会社グリーンパッケージ代表取締役 西岡芳明
農林水産省近畿農政局生産経営流通部農産課課長補佐 西原茂

5.閉会 16時30分 

配付資料

 

参考配布

          ・「さあ、始めましょう!農作業の工程管理(GAP)のすすめ」
          ・GAP手法に関する各種資料のご案内
          ・食品安全エクスプレス
          ・アンケート

 議事録

         ・議事録1(あいさつ~事例発表)(PDF:318KB)

         ・議事録2(パネルディスカッション) (PDF:181KB)

         ・議事録3(会場との意見交換会)(PDF:194KB)

アンケート

        ・アンケート用紙(PDF:184KB) 

あいさつ      説明

あいさつ                                                         GAP手法に関する説明

 

   パネルディスカッション風景      会場の様子

    パネルディスカッション                                会場の様子

 

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課
担当者:食品情報係
代表:075-451-9161(内線2216)
ダイヤルイン:075-414-9771
FAX:075-417-2149

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集