このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

食育の概要

食育とは

  1. 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの。
  2. 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。

「食育」という言葉が使われ始めたのは

「食育」という言葉は、古くは明治時代の書物に使われています。明治31年に発行された石塚左玄著「食物養生法」と明治36年に発行された村井弦齋著「食道楽」です。

「食物養生法」では、「嗚呼何ぞ学童を有する都会魚塩地の居住民は殊に家訓を厳にして躰育智育才育は即ち食育なりと観念せざるや」(学童を養育する人々はその家訓を厳しくして、体育、智育、才育はすなわち食育にあると考えるべきであるとの大意)とし、「食育」は、体育、智育、才育の基本となるべきものであるとしています。

また、「食道楽」では、登場人物が「智育と体育と徳育の三つは蛋白質と脂肪と澱粉のように程や加減を測って配合しなければならん。しかし先ず智育よりも体育よりも一番大切な食育の事を研究しないのは迂闊の至りだ」と述べており、智育、体育よりも「食育」が大切ではないかと指摘しています。

食育かるたの写真です。

「食卓を、囲んで家族の、笑い声」

親と子の食育かるた食生活編

 

なぜ今、「食育」なの

「食」をめぐる現状

  1. 肥満や生活習慣病の増加
  2. 栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加
  3. 「食」の安全上の問題の発生
  4. 過度の痩身志向
  5. 「食」を大切にする心の欠如
  6. 「食」の海外への依存
  7. 伝統ある食文化の喪失

「日本型食生活」のススメ[農林水産省リンク]

 

「食育」の必要性

  1. 「食育」の推進により国民の健全な食生活の実践を図ることが必要
  2. 特に、子どもにとって食育は生涯にわたる健康づくりの基礎

 

 「食」をめぐる現状に対処し、「食育」を国民運動として推進するために

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:食育推進係
代表:075-451-9161(内線2769)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX:075-414-7345

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader