ホーム > 食料 > 食育 > 社食・学食de食育実践


ここから本文です。

社食・学食de食育実践

若い世代を中心として、朝食を摂らないなど食習慣の乱れや脂質の過剰摂取、野菜の摂取不足等の栄養の偏りが問題となっています。

そこで近畿農政局では「社食・学食de食育実践」として、単身生活を始めた学生や新社会人など、普段食育に接する機会の少ない方々に対し、ごはんを中心とした栄養バランスに優れた日本型食生活を認知し、実践してもらうため、給食事業者等に働きかけを行い、社員食堂や学生食堂において食事栄養サポートキャンペーン等の実施を支援する取組を行っています。

25年度の取組事例

滋賀県立大学生活協同組合

株式会社典座

株式会社常翔ウェルフェア

コーベフーズ株式会社

富士通テンスタッフ株式会社

淀川食品株式会社

株式会社不二家商事

和歌山大学消費生活協同組合

24年度の取組事例

23年度の取組事例

株式会社典座

株式会社不二家商事

株式会社魚国総本社京都支社

株式会社テスティパル

富士通テンアクティ株式会社

コーベフーズ株式会社

名阪食品株式会社

和歌山工業高等専門学校(株式会社魚国総本社)

 

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:食生活啓発普及係
代表:075-451-9161(内線2769)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX:075-414-7345

近畿農政局案内

リンク集