このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

2月28日 農業活性化のための資金調達セミナー

アップルシード株式会社 石田氏
アップルシード株式会社 代表取締役会長 石田氏

農業分野のファンドによる投資の取り組み

 近畿農政局兵庫県拠点は、神戸財務事務所との共催で2月28日に神戸市において、農業分野の投資(ファンド)に対する理解を深めてもらうセミナーを開催し、農業者、事業者、金融機関等45名の方々が参加されました。
 セミナーでは、実際にファンドを活用し、事業を行っている二人の講演者(石田氏、清川氏)からは、金融機関からの投資活用の利点として、中長期にわたり返済等がなく資金繰りに自由度があること、金融機関の事業計画の検討・策定への参加、取引先の紹介を含む経営支援等が受けられることや、こうした長期的視点に立った投資は収穫までに期間を要する農業等にマッチしていること等の紹介がありました。
 JAバンク(兵庫県信連・農林中金)、みなとキャピタル株式会社、但馬銀行からは、出資による対外信用力の向上、自己資本比率の向上による財務内容の安定、投資は期限到来時まで返済という概念がないものの株主への配当が損金算入できない等のメリット・デメリットがあること、金融機関が農業法人等のパートナーとして物の流れや情報を含む全てのサービスを仲介したいと考えていること等の紹介がありました。
 国の取り組みとして、農林水産省食料産業局と兵庫県拠点よりファンドの制度や予算等について、神戸財務事務所からは金融施策では金融機関が企業・農業者の生産性向上、国民の資産形成を
助け、結果として金融機関も安定した顧客基盤と収益を確保するという好循環を目指すことがポイントであること等が紹介されました。
 農業者からは、事業展開にはどのような発想で取り組みが必要なのか、経営面へのアドバイスを求める等の積極的な質問が出され、今後の資金ニーズに対しての投資の持つ役割について理解が深まりました。

株式会社レゾン 清川氏
株式会社レゾン 代表取締役 清川氏

お問合せ先

近畿農政局兵庫県拠点
電話:078-331-5924
Fax:078-331-5177