このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

地域ぐるみの結束で、耕作放棄地を解消。 有限会社山国さきがけセンター

今回は、京都市右京区京北の「有限会社山国さきがけセンター」代表取締役 田中章仁さんにお話を伺いました。地域活性化のため、山国自治会や地区内の農家組合が出資して、平成13年に同センターが発足しました。これまでの地域ぐるみの活動により、耕作放棄地がほぼ解消されるとともに、地元雇用も創出し、地域の担い手としてご活躍されています。


代表取締役の田中氏
代表取締役の田中氏

(有)山国さきがけセンターのご紹介

(有)山国さきがけセンターは、廃止となったJAの店舗や加工施設を引き継いで、味噌やもち等の製造・販売等の事業を開始されました。平成20年には、地域が抱える後継者不足や、耕作放棄地の問題を解消するため、農業生産法人となり、水稲や大豆の生産を開始されました。

作業風景(大豆の播種)
作業風景(大豆の播種)

栽培作物について

現在、約20haの農地で、水稲(コシヒカリ、京の輝き、祭り晴等)、白大豆、黒大豆、そば、野菜(トマト、キュウリ、ナス等)等を栽培されています。
また、大豆の生産に当たっては、安定生産を目指すため、ほ場に地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」を導入し、収量と品質の向上に努めておられます。


地域の伝統食品「納豆もち」
地域の伝統食品「納豆もち」

6次産業化の取組について

生産した農産物を使って、地域の伝統食品である納豆や納豆もち、味噌等を製造し、自社で管理・運営する6次産業化の拠点施設「山国 水・土・里の館(みどりのやかた)」で販売されています。
また、加工品は道の駅などでも販売され、味噌は学校給食用として、もちはJA京都が扱う正月用商品として安定した販路を確立されています。


有限会社山国さきがけセンターHP
http://sakigake.net/

「京の輝き」
農研機構(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)ホームページ
http://www.naro.affrc.go.jp/collab/breed/0100/0107/040689.html

地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」
農研機構(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)ホームページ
https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/research_digest/digest_technology/digest_crops/054466.html

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057