このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

将来に渡って安心・安全な農作物を作り続けていきたい!(株)エチエ農産

(株)エチエ農産は、京丹後市で環境保全型農業に取り組まれており、現在、主食用米(主にコシヒカリ)を中心に、加工用米、野菜(たまねぎ、里芋、聖護院大根、日の菜など)等を生産されています。
今回は会長の越江 雅夫さん、代表取締役の越江 昭公さんにお話を伺いました。

etienosan18071.JPG

(株)エチエ農産についてのご紹介

(株)エチエ農産は、昭公さんのお父様の越江 雅夫さんによって平成19年に設立され、29年から昭公さんが代表取締役に就任されています。
(株)エチエ農産の周辺地域では高齢化により農地を手放される方が増えており、その農地を引き受けることで、経営面積が毎年1haずつ増加しているとのことです。

 

etienosan18082.JPG

(株)エチエ農産の生産・加工・販売

主食用米(主にコシヒカリ)を中心に、加工用米、野菜(たまねぎ、里芋、聖護院大根、日の菜等)を生産されており、加工用米は生八つ橋や味噌の製造会社に出荷されています。
また、自社生産の野菜を加工し、しょうが粉やパン用の野菜粉末として販売もされています。

  

etienosan18083.JPG

将来への目標

環境保全型農業に取り組まれており、有機JASを取得されている農地も多くあります。
地域の農地を維持していくとともに、豊かな自然を生かして、将来に渡って安心・安全な農作物を作り続けていきたいとの意気込みを示されています。

  

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057