このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

江戸時代から代々農業を守っています。永井吉幸さん。

京丹波町の農業者 永井吉幸さんにお話を伺いました。
永井さんは、江戸時代から代々続く農家で、15年前に専業農家となり、「京の輝き」などの水稲やほうれん草などの野菜類を栽培されています。

永井さんとほうれん草(永井さんとほうれん草)

永井 吉幸さんのご紹介

  永井家の母屋は350年以上の歴史をもつ旧家で、江戸時代は庄屋であり、その時代から農業を続けられています。
  また、今年の3月まで京都府青年農業士としての活動や、京都府認定の「きょうと食いく先生」として、幼稚園・小学生・中学生で食育の講師をされるなど、地域農業等の振興にも取り組まれています。
水田とビニールハウス(水田とビニールハウス)

丹精込めて作付けされた「京の輝き」

  現在、水稲(2ha)は主食用米の「キヌヒカリ」及び加工用米の「京の輝き」を、野菜類(1ha)はビニールハウスで京丹波町の特産品であるほうれん草を、露地で実えんどうなどを栽培されています。

明治時代の博覧会で永井さんのご先祖様がお米で表彰された賞状(明治時代の博覧会で永井さんのご先祖様がお米で表彰された賞状)

これからの農業生産の展望

  先代が数々受賞された功績を受け継ぐように、水稲と野菜類の栽培技術をより一層高め、小規模ながら効率化と生産性の向上を目指し、より品質を向上させた農産物をつくるため、日々研鑽を積まれておられます。

「京の輝き」
農研機構(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)ホームページ
http://www.naro.affrc.go.jp/collab/breed/0100/0107/040689.html

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057