このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

  更新日:2018年5月31日
  担当:京都府拠点

ガンバってます!環境保全型農業 (株)野木源

京丹後市で環境保全型農業に取り組まれている (株)野木源 代表取締役 野木  武さんにお話を伺いました。
野木さんは、全ての農産物で農薬や肥料の低減を図っておられます。収穫後は、個人顧客や中食事業者向けに販売されているほかに、平成25年にオープンされた直売所「野木源」でも販売されています。

1805nogigen1.JPG

野木  武さんのご紹介

昭和57年に就農され、「タケチャン・ファーム」を設立されました。
平成24年に法人化する際に「(株)野木源」と名称変更をされて、現在、従業員等を含め8名で運営されています。
事務所に隣接する加工場で、味噌、こんにゃく、米粉パン等を製造し、直売所「野木源」で販売されています。

 

1805nogigen2.jpg

環境保全型農業に取り組まれています

現在の経営面積は水稲17ha、ブロッコリー、メロン、堀川ごぼうなどが1ha。全ての農産物で農薬や肥料の低減を図っておられます。
特に水稲は、アイガモ自然農法にこだわった無農薬コシヒカリの「てんてこ米」も栽培されています。

  

1805nogigen.JPG

今後の展開、抱負

これからの経営については、GAP取得が一般的になることを視野に入れ、ASIAGAPの認証取得を目指しているとのこと。
「今後も地域の法人として、他の農業者と連携しながら更に地域の活性化に役立つよう、頑張っていきたい。」との抱負を語っておられました。

  

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057