このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

地域の農地や自然環境を守っていきたい。 農事組合法人たち

  今回は、綾部市舘町の「農事組合法人たち」代表理事 大槻昭男さんと理事 大槻眞純さんにお話を伺いました。
  法人は、50人の組合員で構成され、役員7名とともに、雇用契約を結ぶ約20人のメンバーが中心となって、地域の農地を守るため、農業経営に取り組まれています。


代表理事と理事
(代表理事と理事)

栽培作物について

  現在、水稲(コシヒカリ、京の輝き、五百万石)8ha、小麦6ha、小豆6ha、茶(玉露)1.4haの生産に取り組まれています。
  収益向上を考え、直売にも取り組むとともに、将来的に米の消費量が減少していくことを見据えて、小豆の栽培面積の拡大を進めておられます。

平成30年度農林水産業功労者表彰を受賞
(平成30年度農林水産業功労者表彰を受賞)

平成30年度農林水産業功労者表彰を受賞

  舘町営農組合として活動されてきましたが、集落での担い手を確保する必要が高まったこともあり、平成19年10月、法人化されました。
  地域の農地や自然環境を守る取組を長年続けてこられ、平成30年度にはその多大な功績が評価され、京都府知事から農林水産業功労者表彰を受けられました。


麦秋を迎えています
(麦秋を迎えています)

これからの展望

  高齢化が進む中、引き受けるべき農地も増える見込みですが、限られた人数で農業を継続していくため、農地や作業を集約することで、舘地域の農業を維持していきたいと考えておられます。
  また、今後は、隣接する地域と連携して、地域全体の農業を守っていきたいという構想も描いておられます。

平成30年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量
農林水産省大臣官房統計部平成31年2月25日公表
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-66.pdf

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057