このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

  更新日:2017年8月30日
  担当:京都府拠点

南丹市日吉町で壬生菜の生産をされている谷口成生さん

南丹市日吉町で壬生菜の生産をされている谷口成生さんにお話を伺いました。
京都府の指導農業士で、JA京都の京野菜部会日吉支部長でもある谷口さんは、日吉町で25年以上前からハウスによる壬生菜の周年栽培を始められました。

mibuna_01.jpg

京のブランド産品

壬生菜は、京の伝統野菜で、京のブランド産品に認証されています。
南丹市日吉町での生産は、平成2年に京都府の事業として始まったそうです。

 

mibuna_02.jpg

家族経営で周年栽培

谷口さんは、ご両親と奥様の4名の家族経営で、24棟のビニールハウスで壬生菜を生産されています。
周年栽培で、年に6~7回収穫されるそうですが、とくに夏場の8月と冬場の1月は温度管理にご苦労されるそうです。

  

mibuna_04.jpg

たい肥で連作障害を克服

壬生菜の生産を始められた頃は連作障害で悩まされたそうですが、たい肥による土作りで連作障害がなくなり生産も安定したとのこと。
ビニールハウスの近くに大きな「たい肥置き場」があり、畜産農家が牛ふんを運んできてくれるそうです。

  

mibuna_03.jpg

山間地の農業に向いている

たい肥を使った有機質肥料だけで化学肥料は使わず、農薬も太陽熱消毒で雑草や害虫を抑えるため、播種段階以外は使わないそうです。
壬生菜栽培は広い面積はいらず、年間通してある程度働けて、所得もある程度あるので、山間地の農業としては向いているそうです。

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057