このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

古都、奈良で生まれたイチゴ「古都華(ことか)」
 ~ 平群町 辻本いちご農園 ~


「古都華」(ことか)は、奈良県が育成し平成23年に品種登録されたイチゴです。果皮はツヤのある鮮やかな赤色で香りが強く、果肉は淡紅色で少し硬めの食感で、安定した甘みが特徴です。

平群町で「古都華」を栽培している「辻本いちご農園」代表の辻本忠雄氏は、平群町が認定する「平群ブランド」農産物・特産物部門の第1号登録生産者として、「古都華」のPRにも取り組んでいます。「古都華」は、消費者から好評を得ていますが、他の品種に比べて収量が少ないため、より品質の良いイチゴができるよう栽培管理に気を配っています。

同氏は、約20年前からイチゴ栽培を始め、現在は「古都華」と白イチゴ「パールホワイト」「淡雪」をハウス高設栽培しています。今期から栽培を始めた白イチゴはアジアでの人気が高く、出荷先市場の大阪から香港等へ輸出しています。

また、指導農業士として新規就農希望者のイチゴ栽培指導も行っている同氏は、「平群町の「古都華」は奈良県内で生産量が最も多く後継者も育っている。ハウス栽培に適した農地確保が難しくなってきているが、産地として今後も消費者のニーズにあった品種を栽培していきたい」と抱負を語られました。

(取材・画像撮影日:平成29年4月20日)

 


kotoka01

  みずみずしい「古都華」

  作業所いっぱいに甘い香りが漂っています


kotoka02

  サイズ別に選別された「古都華」を

  一粒ずつ丁寧にパック詰めしていきます


kotoka03

  パック詰めされた「古都華」

  輸送中の振動による傷みを防ぐ容器を使用しています


kotoka04

  赤く色づいた「古都華」


perlwhite01

  白イチゴは、赤いイチゴに比べ収穫期の見極めが難しく、

  収穫作業に時間がかかるそうです

perlwhite01

   収穫した白イチゴ「パールホワイト」

awayuki01

   収穫した白イチゴ「淡雪」

   ほんのりピンク色です

nouen01

   新規就農者の良き相談者として、

   後継者の育成にも取り組む辻本氏(画像左)

 

logo 「平群ブランド」:詳しくはこちらをご覧下さい。

http://kanko.town.heguri.nara.jp/walk/categories/mcat5/

 

お問合せ先

奈良県拠点
電話:0742-32-1870
fax:0742-36-2985