このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

もち米で6次産業化をめざす「餅工房マスミ」
~「六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画」認定証を交付~


平成29年6月9日、近畿農政局地方参事官(奈良県担当)は、「餅工房マスミ」(生駒市)において、「餅工房マスミ」代表の山原繁喜氏に「六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画」の認定証を交付しました。

山原氏は、「総合化事業計画」の認定を機に、「もち米」を原料としたかき餅やロールケーキなどの新たな商品開発と販路拡大をめざすこととしています。また、「将来は地元生駒市産のもち米を使用した商品を広め、耕作放棄地の解消にも努めたい」と抱負を語られました。

(取材・撮影:平成29年6月)

 


masumi001

  

「認定証」の交付(左 山原氏)


masumi002

     これからの取組みについて抱負を語る山原氏(中央) 

masumi04

   〈もち米を原料に開発した商品〉
    アーモンドを加えた焼きかきもち(左)
    グラデーションがきれいな乾燥かきもち(右)
 
masumi003

    小麦粉アレルギーの方も安心して食べることができる
   「もち米粉」を使用した「ロールケーキ」
   (写真はカットしたもの)


【農林水産省ホームページ】
農林水産業の6次産業化についてはこちらをご覧下さい。
   http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html

お問合せ先

奈良県拠点
電話:0742-32-1870
fax:0742-36-2985