このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

大阿太(おおあだ)高原の開墾、梨の栽培をはじめて約110年
伝統が次の100年を創る「大淀町果樹組合」

 

大阿太高原の梨の栽培の歴史は古く、明治10年頃から開墾がはじまり、明治35年頃から二十世紀梨(当時は凱歌(かちどき)梨と命名)の栽培が始まりました。

大阿太高原は標高150~200メートルにある丘陵地帯で、昼夜の温度差が大きく果樹栽培に適した気候です。土質は強粘土質で、見た目には赤土とよばれる色でミネラル分を多く含み、梨の糖度を高める要因となっています。

大淀町果樹組合(組合長 中元安則)は、昭和42年に栽培技術の向上や販売用資材の購入等を目的に、佐名伝地区と薬水地区が共同で設立し、組合員数は現在44名です。

収穫時期を迎える8月末には、直売所で販売される梨を求めて産地を訪れる顧客が年々増加し、味が良いと人気を得ています。毎年9月には、こだわりの味を多くの人に知ってもらい、好みの梨に出会ってもらうことを目的に「大阿太高原スタンプラリー」の催しを開催します。
(今年のスタンプラリーは9月30日で終了しました)

(取材・撮影:平成29年6月及び8月)


pear01

  

園内の様子

大阿太高原の廿世紀梨(にじゅっせいきなし)

 (平成29年8月撮影予定)


pear02

   

梨の栽培について説明する中元組合長

(平成29年6月撮影)

 


pear03

収穫期を迎えた梨(幸水)


(平成29年8月撮影)


pear004

組合の活動や今後の抱負について語る

組合役員の方々

(平成29年6月撮影)


pear005

組合で作成した

「奈良吉野 大阿太高原梨 大淀町果樹組合」の

パンフレット

(画像提供:大淀町果樹組合)


「大淀町果樹組合」のホームページ
 http://www.ooyodo-kajukumiai.com/

お問合せ先

奈良県拠点
電話:0742-32-1870
fax:0742-36-2985