このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

粉末加工で規格外農産物に付加価値を
~ 宇陀市 農事組合法人阿騎野農産物加工組合 ~


農事組合法人阿騎野農産物加工組合は、地域農業の振興を目的として、平成17年3月に設立されました。農産物加工場は、廃校となった宇陀市立守道小学校跡にあります。
かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、紫芋、ケール、ブルーベリー、金ごぼう、ビーツ、春うこん、秋うこん、しょうが、よもぎ、菊芋など、地元農産物を使用した粉末加工品を製造し、道の駅等で販売しています。

地元農産物の粉末加工品の製造販売のほか、粉末加工の委託も引き受けており、県内外を問わず海外からの委託もあります。
また、阿騎野農産物加工組合では、周辺の遊休農地を活用した黒豆枝豆やイモ掘り等の収穫体験を通じて、地域の活性化を目指しています。

加工組合の代表理事を務める吉村政憲氏は、「廃棄される農産物も工夫次第で売れる商品となる可能性を持っている。農業に携わる若者への商品開発のアドバイスなどを通じて応援したい」と熱い思いを語られました。

(取材&写真撮影日:平成29年4月)


akino01

  

色とりどりの野菜パウダー
素材の風味が濃縮されています


akino02

     色鮮やかなほうれん草
    (微粉末加工前)

akino03

      よもぎの乾燥加工品
      よもぎもちに最適です

akino05

    

原料をミキサーでペースト状にします 


akino011

     米粉加工も行います

akino06

     野菜パウダー
    (上)紫芋
    (左)カボチャ
    (右)ほうれん草

akino012

      野菜パウダーを使ったパウンドケーキ
    (ほうれん草&カボチャ)

粉末加工に関するお問合せなど詳しくはこちらをご覧下さい。
「農事組合法人阿騎野農産物加工組合」:http://akino-agri.jp/greeting.html

お問合せ先

奈良県拠点
電話:0742-32-1870
fax:0742-36-2985