このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「まったら愛っ娘(まなっこ)」~松原育ち~を届けます

松原市    出口  和晃(でぐち  かずあき)さん

   
出口さん
出口  和晃さん(29.5.22)
農業の概要
    経営面積は、2.3ヘクタール。    ビニールハウスで野菜を栽培。
    春先からミニトマト(18種類)、枝豆を栽培。
    水稲(7品種)、裏作にキャベツ、ほうれん草などを栽培。

営農・経営の特徴
    家族経営で、和晃(かずあき)さんは、平成29年度大阪府青年農業者会議
    (大阪府4Hクラブ)会長、お父さんは認定農業者、お母さん
は大阪ファーム
    レディネットワーク会長。
    ほうれん草、枝豆、キャベツ、水稲(米)など、ほとんどの農作物は大阪エコ
    農産物の認証を取得するとともに、
松原市の地場農産物、愛称「まったら
    愛っ娘(まなっこ)」として販売。
     ※「大阪ファームレディネットワーク」とは、大阪府に登録された農産物の生産、生産加工、朝市、
      直販活動等に取り組む意欲的な女性農業者の団体です。
     ※「まったら」とは、河内地方で古くから使われている方言で「松原」がなまったもの。
      この野菜は愛娘のように愛情を込めて大事に育むイメージから名づけられました。
     

将来展望
    国の補助事業を活用して、新規就農者の就農支援に取り組みたい。
    地域密着型農業として地元のスーパーにも多く販売しており、地域の人々に
    「出口さんの野菜」としてより親しんでもらえる農家を目指したい。
    現在、レンコン掘り体験を実施しているが、その他の野菜についても収穫体験
    等に取り組んでいきたい。
出口さんと地方参事官
熱く語る出口さん(29.4.13)
ハウスで野菜栽培
ハウス風景(29.5.22)
ミニトマト
収穫を待つミニトマト(29.5.22)

お問合せ先

大阪府拠点

ダイヤルイン:06-6941-9062
FAX番号:06-6943-9699