このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

大阪で唯一、加温ビニールハウスでいちじく栽培

羽曳野市  藤井  貫司(ふじい  かんじ)さん

藤井さん
藤井  貫司さん(29.6.7)
 農業の概要
    経営面積は、70アール。
    いちじく(桝井ドーフィン)を露地・ハウスで栽培するほか、
    トマトやなにわの伝統野菜である「碓井豌豆(うすいえんどう)」、
    水稲とその裏作でじゃがいも、たまねぎを栽培。


 営農・経営の特徴
    2012年にサラリーマンを辞め、代々続く農家を継承。現在は家族経営
    の中心。
    若手農業者の仲間と栽培技術を高めながら、祖父の代から取り組む、
    大阪唯一のいちじくの加温ハウス栽培で、5月には早くも出荷。
    じゃがいもやトマトの植え付けなど、農業体験の交流イベントも開催。
    いちじくは、藤井農園直売所、JA直売所(あすかてくるで)やインター
    ネットで販売。 
     
 将来展望
    国の補助事業を活用して、冬場でも作物栽培できるようビニールハウス
    を設置してトマト栽培をしたい。
    いちじくの農業体験ツアーに取り組みたい。(2017年1月28日に開催
    された「おおさかNo-1(ノーワン)グランプリ」においてファイナリスト
    として発表。)

      ※「おおさかNo-1(ノーワン)グランプリ」とは、大阪府・JAグループ大阪が主催する、
      若手農業者による経営強化プランのコンテスト。

藤井さんと地方参事官屋外圃場で(29.4.21)
 ハウス内いちじくの木
ビニールハウス内のいちじく畑
(29.6.7)
 収穫近いいちじく
収穫を控えたいちじく(29.6.7)
         藤井農園のホームページはこちら>>http://www.fujii-nouen.com/

 

 

お問合せ先

大阪府拠点

TEL番号:06-6941-9062
FAX番号:06-6943-9699