このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

段取り・時間・売上の見える化で経営改善に取り組み中!

和泉市  辻  晃佑(つじ  こうすけ)さん

辻さん
辻  晃佑さん(平成31年3月) 

農業の概要
  経営面積  80アール
  夏場は、なす・きゅうり・オクラ・ピーマン・ゴーヤ・ズッキーニ・トマト等を栽培
  秋冬は、二十日大根・エンドウ豆・聖護院大根・人参・リーフレタス・にんにく・玉ねぎ等を栽培


営農・経営の特徴
  サッカーが大好きで、食べることや健康への強い関心から2009年に会社を退職し、2年間の農業研修を積んだ後、2011年、屋号を「F.C.農縁」として実家の農地で農業を始めました。普及指導員の指導などを得て栽培技術を向上させるとともに、ちかいうちにIT技術を活用した「フィールドサーバー」をモニター使用することで、土壌水分、気温などのデータ収集して栽培管理の省力化に取り組む予定です。また、農薬や化学肥料を使わない大阪エコ農産物の認証も取得しています。
  一方、段取りが思うようにいかず、長時間労働で作業に追われる状態の慢性化を解決するため、ガントチャートと作業日誌を活用して段取り・時間・売上の見える化、自分の限界・労働力の価値を知ることで、経営改善に取り組んでいます。


将来展望
  ガントチャート等の活用で労働時間を明確にし、雇用をしたい。また、福祉団体と契約して昨年11月から障がい者に農作業に来てもらっており、これからも農と福祉の連携を進めたい。
  また、規格外の野菜を利用した野菜スープを商品化して、キッチンカーで販売したい。


フィールドサーバーについて
  「おおさかNo-1(のうわん)グランプリ」協賛企業賞として、大和リース株式会社より1年間無料利用権を贈られました。

ガントチャートとは
  ヘンリー・ガントによって考案された工程管理に用いられる表の一種で、作業計画を視覚的に表現するために用いられますが、辻さんの作成したものは一般的な形式とはやや異なります。

辻夫妻収穫
夫婦で仲良くブロッコリーの収穫
(平成31年2月)

たまねぎ
農産物は地元学校給食にも
使われています(写真はタマネギ)
(平成31年2)

キッチンカー
レンタル・キッチンカーで
野菜スープのテスト販売
(平成31年3月)

                                         F.C.農縁フェイスブックはこちら>>https://www.facebook.com/F.C.nouen/

お問合せ先

大阪府拠点

TEL番号:06-6941-9062
FAX番号:06-6943-9699