このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近江日野田舎体験で三方よし! ~近江商人の精神を手本に心の交流を~(農泊)
-一般社団法人近江日野交流ネットワーク(日野町)-


売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」とは、商売を通じて社会全体の幸せを願う近江商人の経営哲学です。
滋賀県の一般社団法人近江日野交流ネットワークは、近江商人の精神を手本に近江日野田舎体験を通じて、受入側・体験参加者・地域の三方が幸せになれるよう活動しています。

農村生活体験

体験型教育旅行での農村生活体験

 一般社団法人近江日野交流ネットワークの活動

一般社団法人近江日野交流ネットワークは、町、観光協会、商工会、観光施設、受入れ家庭等でネットワークを構成し、体験型教育旅行やインバウンド、企業研修の受け入れの中心的役割を担っています。
平成21年に体験型教育旅行を始めて以来、平成28年末までに延べ2万人以上が農村生活体験による農泊を通して、日野町の方々との交流を行いました。

 

インバウンド教育旅行
インバウンド教育旅行の参加者の皆さん

インバウンドの取り組み

平成21年からインバウンド(訪日外国人旅行者)の教育旅行の受け入れを始め、平成28年末までに韓国、台湾、中国、マレーシア等、世界中から25カ国延べ約1千3百人以上を受け入れました。

 

商人道徳を学ぶ
近江日野商人館で商業道徳を学ぶ
(旅行業者によるモニター)

ますます充実、三方よし!近江日野田舎体験

平成29年からは「農山漁村振興交付金(農泊推進事業)」を活用して、インバウンド向けの体験プログラムの取組、旅行業者によるモニターツアー及び多言語版HPの作成等積極的な誘致活動を行っています。
今後は、インバウンドの農泊受け入れ家庭の対応力を養成するため、英語や中国語講座を行うなど、受入体制の更なる充実を図っていくこととしています。


一般社団法人近江日野交流ネットワークHP  https://www.omi-hino.jp

お問合せ先

滋賀県拠点 地方参事官室
TEL:077-522-4261