このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 

由良ニンニク復活への道

29年産由良ニンニクの出荷が大詰めを迎えています。
昨年秋の長雨が影響し、植え付け時期が遅れたものの、その後は順調に成育し、4月下旬からの出荷となりました。
由良ニンニクは、由良町の主力産品であった夏ミカンと作業が重ならない農作物として昭和43年から本格的に栽培されてきましたが、安価な中国産ニンニクの輸入や温州ミカンへの改植により作業時期が重なることから栽培面積は約3haにまで減少しました。
近年、中国産ニンニクの品質懸念や黒ニンニクの人気により国内産ニンニクの需要が高まり市場は品薄状態となっています。
全国で最も早い4月下旬から生で出荷される由良ニンニクは高価格で取引されおり、由良ニンニクの復活に向け、栽培面積の増加に取り組んでいます。


 
      
                                                       (H28.10  植え付け)

      
                                                    (H28.11 頃の様子)



       
                                                 (H29.3 頃の様子)


      
                                                  (H29.4  目ぞろえ会)



      
                                          (H29.4  収穫前の園地)


      
                                                    (H29.5  出荷作業)






 

 

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点
〒640-8143和歌山市二番丁2和歌山地方合同庁舎
電話:073-436-3831
Fax:073-436-0914