ホーム > 和歌山県拠点 > フォトレポート(和歌山県拠点) > WCS用稲の現地視察について


ここから本文です。

WCS用稲の現地視察について

WCS用稲(稲発酵粗飼料用稲)の生産作業現地視察会が平成28年10月13日(木曜日)和歌山市川辺で開催されました。視察会当日はWCS用稲(品種名:たちすずか)の栽培に取組む農家や畜産関係者等が集まり、WCS用稲の集草・梱包・密封の作業を視察し、公益社団法人畜産協会わかやまの担当者からWCS用稲の生産管理等について説明を受けました。
 
反転集草作業

<反転集草作業>

バインダーまたは草刈機により刈り倒したWCS用稲を乾燥させ、専用の農機具(ロータリーレーキ)で集草します。

 

梱包作業

梱包作業後ろ

<梱包作業1>

稲の梱包機(ロールベーラ)での収集作業

 

 

 

 

 

 <梱包作業2>

梱包機(ロールベーラ)で固められた密封前の稲のブロック(約25kg)

 

密封作業

<密封作業>

密封機(ミニラップマシーン)を使い稲のブロックをラッピングする作業

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

和歌山県拠点
ダイヤルイン:073-436-3831
FAX:073-436-0914

近畿農政局案内

リンク集