ホーム > 経営 > 農地集積・集約化対策について


ここから本文です。

更新日:平成28年12月2日

農地集積・集約化対策について

現在の我が国の農業構造を見ると、担い手への農地流動化は毎年着実に進展し、担い手の利用面積は農地全体の約5割と

なっているところですが、農業の生産性を高め、競争力を強化していくためには、担い手への農地集積・集約化を加速し、生産

コストを削減していく必要があります。

このため、本事業により、農地中間管理機構による担い手への農地集積・集約化を更に推進するとともに、農地利用の最適化

に向けた農業委員会の積極的な活動を支援します。

 農地集積・集約化対策事業(農地中間管理事業・機構集積協力金・機構集積支援事業)【H28当初予算額:81億円】

 

 過去の農地集積のための対策

 

PR資料

  

九州地域における農地集積の取組事例

九州地域における農地集積の取組事例(PDF:4,177KB)

★農地集積に悩むあなたに届け!-解決のためのヒント集-
平成25年8月

 


福岡県


佐賀県


長崎県


熊本県


大分県


宮崎県


鹿児島県

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部農地政策推進課
担当者:課長補佐(調整)、農用地高度利用係長
代表:096-211-9111(内線4432)
FAX:096-211-9797

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

九州農政局案内

リンク集